メモ

世界で一番長い駅名はパッと見ても解読不能


Wikipediaによると、世界で最も長い駅名は、イギリスのウェールズ北部のアングルシー島にある「Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch」駅だそうです。

なんだかキーボードをメチャクチャに打ったら出てきそうな駅名ですが、ちゃんとした意味のある実在の駅名とのことで、実際に駅の看板を撮影した写真もあります。いったいどう読めばいいのでしょうか…。

詳細は以下の通り。
これがChris McKenna氏が撮影したLlanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch駅の看板です。駅名の読み方は「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」だそうです。


なお、以下のリンクによると駅名の意味は「赤い洞窟の聖ティシリオ教会のそばの激しい渦巻きの近くの白いハシバミの森の泉のほとりにある聖マリア教会」とのこと。これはウェールズ語で付けられた名前だそうで、驚くべきことにこれが1単語であるそうです。

ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ - Wikipedia

やはり現地の学校の子供たちは、地理の時間にスペルを覚えさせられたりするのでしょうか。

・関連記事
宇多田ヒカルがデジタルシングル売り上げ世界一に - GIGAZINE

世界長者番付13年連続首位のビル・ゲイツより金持ちな男が登場 - GIGAZINE

世界でもっとも汚染された10の都市 - GIGAZINE

ギネスブック認定されている世界一急な坂道の写真やムービー - GIGAZINE

髪の毛が2メートル42センチある女性 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log