ムービー

世界のトップアスリート20人はどれだけ稼いでいるのか


世界のトップアスリートたちがどれだけ稼いでいるのかをランキングにしたものです。アメリカ人についてはアメリカのスポーツ選手長者番付トップ50の方でランキングになっているので除外されているようですが、一流のメンツがそろっています。

詳細は以下の通り。
SI.com - The International 20

第1位はフェルナンド・アロンソ(スペイン、F1ドライバー)
3500万ドル(約42億6000万円)を稼いでいます。アメリカのランキングと並べてみると、第4位のシャキール・オニールと同じぐらいになります。ミハエル・シューマッハの引退後はポスト・シューマッハの筆頭となっていて、F1史上最年少のグランプリ勝者でもある。

2006年ハンガリーGPにて、F・アロンソがM・シューマッハをオーバーテイク。
YouTube - Alonso vs Schumacher Hungaroring 2006 Onboard


第2位はロナウジーニョ(ブラジル、サッカー選手)
収入は3270万ドル(約40億円)。彼がナイキやコニカミノルタのCMで見せたすごい技は合成ではなく、実際にやっているらしい。

ゴールのクロスバーに4連続でボールを当てるロナウジーニョ。
YouTube - ronaldinho nike ad


第3位はロジャー・フェデラー(スイス、テニスプレイヤー)
世界ランキング1位の連続保持記録で現在男子歴代1位だそうです。収入は3134万3885ドル(約38億円)。

2001年のウィンブルドンで、フェデラーは当時大会を4連覇していたサンプラスを破った。これ以降、注目を集めるようになったそうです。
YouTube - Federer Sampras Wimbledon 2001 Highlights


第4位:バレンティーノ・ロッシ(イタリア、オートバイレーサー)
7度のワールドチャンピオン獲得などがあり、収入は3000万ドル(約36億4000万円)。

2004年のモトGP第1戦・南アフリカでの勝利後、自分のバイクにカメラを取り付けて走るロッシ。
YouTube - Valentino Rossi Crazy in Welkom


第5位:デビッド・ベッカム(イギリス、サッカー選手)
日本では2002年のワールドカップ後、過剰なまでのブームが起こりました。ロンドン郊外にある邸宅はベッキンガム宮殿と呼ばれているとか。収入は2970万ドル(約36億円)。

YouTube - Beckham collection


第6位:姚明(中国、NBA選手)
身長が226cmと、NBAで最も身長が高い選手であり、アジア人で初めてNBAのトップクラスで活躍している選手でもあります。
収入は2745万5000ドル(約33億3000万円)。

YouTube - Yao Ming Top Ten Plays


第7位:イチロー(日本、メジャーリーガー)
日本ではオリックスに所属し、1994年から2000年までの首位打者を7年連続で獲得。メジャーリーグでも首位打者2回を獲得、その強肩はレーザービームと評される。収入2400万ドル(約29億1000万円)。

2003年のマリナーズのCM。
YouTube - Ichiro commercial - Ichiro Shift


ライトへの打球で1塁ランナーが3塁を狙うが、イチローの好返球でアウトになる。
Ichiro Throws Guy Out At 3rd Base. Video


第8位:マリア・シャラポワ - Wikipedia(ロシア、テニスプレイヤー)
「ロシアの妖精」と呼ばれ、テニス以外にファッションモデルとしても活躍。抜群の観客動員力を誇る。収入2379万9501ドル(約28億9000万ドル)。

2004年のウィンブルドン決勝、シャラポワはセリーナ・ウィリアムズを破って初優勝。
YouTube - YEC Final 2004 Maria Sharapova Vs. Serena Williams 9/9


第9位:ティエリ・アンリ(フランス、サッカー選手)
アーセナルFCに所属し、フランス代表も務める万能ストライカー。ゲームのウイニングイレブンの熱狂的ファンらしい。収入2140万ドル(約26億円)。

YouTube - Thierry Henry


第10位:ミヒャエル・バラック(ドイツ、サッカー選手)
「皇帝」と呼ばれたベッケンバウアーの後継者とも言われ、「新皇帝」と呼ばれることもあるそうです。収入2090万ドル(約25億4000万円)。

YouTube - Michael Ballack


第11位:ロナウド(ブラジル、サッカー選手)
第12位:松井秀喜(日本、メジャーリーガー)
第13位:ダーク・ノビツキー(ドイツ、NBA選手)
第14位:ラルフ・シューマッハ(ドイツ、F1ドライバー)
第15位:アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ、サッカーセンス)
第16位:アルフォンソ・ソリアーノ(ドミニカ共和国、メジャーリーガー)
第17位:ビジェイ・シン(フィジー、プロゴルファー)
第18位:アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア、サッカー選手)
第19位:ジョン・テリー(イギリス、サッカー選手)
第20位:スティーヴン・ジェラード(イギリス、サッカー選手)

確かに世界のトップアスリートばかりが名を連ねています。それぞれのスポーツで見るともっと実力上位の選手がいるような気がするところもあるのですが、CM料などで差がついているのでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカのスポーツ選手長者番付トップ50、1位はタイガー・ウッズ - GIGAZINE

オンライン詐欺で億万長者になった14歳の少年 - GIGAZINE

Wikipediaが財政危機でも広告を掲載しない理由 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.