ムービー

デジタルカメラで簡単に赤外線写真を撮影する方法とその解説ムービー


デジタルカメラで簡単に赤外線写真を撮影する方法です。使うのはほとんどが簡単に手に入るものなのですが、現像済みのネガは最近はフィルムで撮影することがなくなって、あまり見かけなくなりました。押し入れとかを探さないとダメかも。

詳細は以下の通り。
まずデジカメのレンズに向けて赤外線を飛ばしてみる。テレビのリモコンなどをレンズに向けてみて、ファインダー側からチカチカと光っているのが見えたらOK。


準備するもの。現像済みネガの黒い部分や厚紙、黒いペン、ボンド、はさみなど。


厚紙を輪にしてテープをまいたものを二つつくる。一つは内側、一つは外側になるので、微妙に大きさに差をつけること。そして、外側の輪の大きさの印をプラスチック板につける。


次に内側の輪の大きさの印をプラスチック板につける。つけたら内側をくりぬく。板はドーナツ状になる。


ネガの黒い部分を輪っかの外側の大きさに合わせてカット。2枚必要。


厚紙やプラスチック板を黒く塗り、重ねた厚紙の輪の上に丸く切ったネガを重ねて置く。最後にプラスチック板をネガが落ちないようにはめたらフィルターの完成。


フィルターをレンズに重ねて撮影するとこんな写真が撮れる。




手順がよくわからない人はムービーを参考にしてください。

Take Infrared Pictures With Your Digital Camera Video

同じような方法で作ったフィルターで写真を撮影した人がいました。こちらはレンズの前にネガを重ね、指でおさえたらしい。

[デジカメ]とりあえず簡易的な赤外線写真 - ぴこていこく (2006-08-16)

こちらの記事に書いてありますが、服が透けるような写真はおそらく撮れないと思いますが、悪用は厳禁です。

・関連記事
幻想的な光景になる赤外線写真いろいろ - GIGAZINE

BMW7に採用された「ナイトビジョン」機能のムービー - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by logc_nt