ハードウェア

米軍御用達の核爆発レベルの衝撃にも耐えうるUSBメモリ「IronDrive」


米国陸軍と米国海兵隊のために開発されたUSBメモリで、高温・腐食性薬剤・浸水・電波障害・核爆発級の衝撃に耐えることができるらしい。

その驚異のスペックと価格は以下の通り。
Introducing Iron Drive Ruggedized USB Memory Drive
http://www.irondriveusb.com/

全長4インチ(約10センチ)、重さは164グラム。標準容量は1GBですが、32MBから4GBまで取りそろえているとのこと。USB2.0で転送し、読み込みは20MB/秒、書き込みは10MB/秒。MTBF(平均故障間隔)は466万時間。書き換え可能回数は500万回、エラー検出・訂正(EDC/ECC)アルゴリズムも採用。DES/3DES、SHA-1、RSA、AESで暗号化可能。動作可能温度は操作中の場合はマイナス40度から85度、操作していない場合はマイナス55度から95度。米国国防総省の軍事品に採用する性能試験MIL-STD-810Eに合格しており、軍用のUSB接続に対応。


で、気になる値段ですが、実際に問い合わせた結果、1GBあたり700ドル(約8万3000円)で、納期は60日から75日後。これは軍からの需要を優先しているためだそうです。そのため、数ヶ月後には保証できないが500ドル程度まで下がるかも知れない、とのことです。

日本の自衛隊とかはどういうUSBメモリを採用しているのでしょうかね?

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
USBメモリやSDカードを増設メモリにする「Windows ReadyBoost」の実力 - GIGAZINE

ダイヤル錠付きUSBメモリ - GIGAZINE

USBメモリもCD-ROMもあらゆるドライブの自動再生をオフにする方法 - GIGAZINE

世界一丈夫な防弾USBメモリが本当に防弾できるのか検証 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse

You can read the machine translated English article here.