ムービー

1887枚のオレオを使ってアートを作り上げるムービー


ロケットの燃料にもなるクリームをビスケットで挟んだお菓子オレオ。そのオレオを大量に使って自分の体を燃やして死に行く仏教僧を描き出しているムービー。

ムービーは準備から片付けも合わせて2分以内に収まっていますが、実際には約20時間かかったそうです。

詳細は以下から。
オレオを使って完成するのは8フィート(約2.4メートル)×10フィート(約3メートル)のアート作品。最後はまとめてゴミ箱に。ちょっともったいない。
YouTube - Oreo - Goodbye Art


このオレオアートを製作した作者のサイトでは、他のアート作品も見られるようになっています。

Phil Hansen's Art

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
オレオのクリームでロケットを飛ばす - GIGAZINE

カプチーノの泡にいろんな絵を描くムービーと、その絵柄いろいろ - GIGAZINE

MSペイントで2時間30分かけて「モナ・リザ」を描くムービー - GIGAZINE

牛肉で作ったウェディングケーキが出来上がるまで - GIGAZINE

食べ物や美容製品が引き起こした変な死に方アート - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.