ソフトウェア

2019年になっても3分の1の企業がWindows XPを使い続けているという現実

by Linux Screenshots

ビジネスの世界では「2019年現在でも企業の3分の1がWindows XPを使い続けている」ことがIT業界向けオンラインコミュニティを運営するSpiceworksの調査により明らかになりました。

Network and Endpoint Security PDF Report - Spiceworks
https://www.spiceworks.com/marketing/network-security/pdf-report/

It's 2019, and one third of businesses still have active Windows XP deployments - TechRepublic
https://www.techrepublic.com/article/its-2019-and-one-third-of-businesses-still-have-active-windows-xp-deployments/

2001年10月にリリースされたWindows XPは、安定した動作と要求されるPC性能の低さからユーザーから絶大な支持を集め、その人気ぶりは当初2009年4月に予定されていたサポート終了が5年間も延長されるほど。そんなWindows XPも2014年4月には惜しまれつつサポート終了を迎えました。


しかし、「ネットワークとエンドポイントセキュリティの未来」と題して発表されたレポートによると、2019年現在も企業の3分の1がWindows XPを使い続けているとのことです。

以下はOSごとに「そのOSがインストールされた端末を少なくとも1台は稼働させている」と答えた企業の割合を示した棒グラフです。赤枠で囲った部分を見ると、2017年の42%よりは使用率が低下しているものの、2019年現在も32%がWindows XPがインストールされた端末を使用し続けていることが分かります。


Microsoftにとってはなお頭の痛いことに、2020年のサポート終了を目前に控えたWindows 7の使用率も約80%と高く、しかも割合は最新のOSであるWindows 10の使用率を上回っています。


シェアに注目した別の調査では、2019年1月にやっとWindows 10のシェアがWindows 7を追い越したばかりだということも分かっており、古いOSからWindows 10への移行に二の足を踏んでいるユーザーたちの姿が浮き彫りになっています。

IT情報サイトTechRepublicのライターであるジェームズ・サンダース氏は、「Microsoftの最も手ごわいライバルはMicrosoft」というIT業界の格言を引用し、こうした状況は当面の間Microsoftを悩ませ続けるだろうとの見方を示しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windows XPを使ったATMが95%も存在し、更新が間に合わないおそれ - GIGAZINE

「Windows XP」サポート終了と同時に無料セキュリティソフト「Microsoft Security Essentials」もXP用は配布終了 - GIGAZINE

GoogleがChromeのWindows XP向けサポートを延長すると発表 - GIGAZINE

サポート切れまで残り1週間しかないWindows XPのシェアは依然高いことが判明 - GIGAZINE

WindowsXP・InternetExplorer6・Office2003終了のお知らせ - GIGAZINE

Windows XPにセキュリティ更新、「国家レベルの攻撃」に備えたパッチが6月のWindows Updateで手動ダウンロード可能に - GIGAZINE

サポート切れのWindows XPでセキュリティアップデートを受ける方法が公開される - GIGAZINE

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.