ハードウェア

アポロ計画に使われたコンピューターで「Bitcoinのマイニング」を行った猛者が登場


世界初の月面有人着陸を成し遂げたアメリカのアポロ計画で宇宙船の航行機能を自動制御し、宇宙飛行士が飛行情報を確認・修正するために使われたアポロ誘導コンピューターは、現代のコンピューターと比べると驚くほど低スペックです。しかし、この低スペックマシンで、最先端ビジネスである「暗号資産(仮想通貨)・Bitcoinのマイニング」を行う猛者が登場しました。

Bitcoin mining on an Apollo Guidance Computer: 10.3 seconds per hash
http://www.righto.com/2019/07/bitcoin-mining-on-apollo-guidance.html

This Guy Mined Bitcoin With a Computer That Helped NASA Land on the Moon - VICE
https://www.vice.com/en_us/article/d3nqk7/this-guy-rigged-an-apollo-guidance-computer-to-mine-bitcoin

1960年代にMIT器械工学研究所(現チャールズ・スターク・ドレイパー研究所)で開発されたアポロ誘導コンピューターは、アポロ計画において重要な役割を果たしましたが、今ではもはや骨董品といえるレベル。ソフトウェアエンジニアのケン・シュリッフ氏は、入手した故障品のアポロ誘導コンピューターを修理し、再び稼働させることに成功しました。シュリッフ氏によると、このアポロ誘導コンピューターは世界で唯一の稼働するアポロ誘導コンピューターだとのこと。


そんなアポロ誘導コンピューターを使い、シュリッフ氏はレトロなコンピューターを非常に現代的なタスクといえる、「Bitcoinの採掘」に使用することを考えつきました。Bitcoinの採掘は今や大量のコンピューターを使用した最先端のビジネスとなっており、世界最大のBitcoinマイナーはNVIDIAよりも大量のシリコン半導体を購入し、Bitcoinの採掘専用マシンを構築しています。

世界最大のBitcoinマイナーはマイニングマシン構築のためNVIDIAよりも大量のシリコン半導体を購入している - GIGAZINE


1960年代に開発された15ビットのコンピューターにBitcoinを採掘するアルゴリズムを実装するのは少々大変だったそうですが、シュリッフ氏はなんとかアポロ誘導コンピューターでBitcoinを採掘することを可能にしました。

Bitcoinのマイニングに使われるのはSHA-256というアルゴリズムであり、ブロックチェーンを構成するハッシュ値と呼ばれる値の計算に必要なエネルギーを提供することで、Bitcoinマイナーは対価としてBitcoinを得ることができます。当然ながらアポロ誘導コンピューターはスペック的に現代のコンピューターと渡り合うことはできず、1ハッシュあたり10.3秒の計算時間がかかったとのこと。ちなみに、1万3000円ほどで購入可能なUSBスティック型のBitcoin採掘マシンで、1秒間あたり1300億ハッシュを計算できるそうです。

計算上、アポロ誘導コンピューターが最初のBitcoinを掘り当てるまでには400ゼタ(4000垓)秒もの時間がかかるそうで、シュリッフ氏は「Bitcoinを採掘するまでに宇宙の年齢の10億倍もの時間がかかるでしょう」とコメント。

by WikiImages

なお、シュリッフ氏はかつて「紙と鉛筆を使った手動計算」でのBitcoinマイニングに挑戦したこともある人物です。当時のシュリッフ氏がたたき出した計算スピードは1日あたり0.67ハッシュだったそうで、レトロなコンピューターとはいえアポロ誘導コンピューターの計算速度は人間の及ばないものであることがわかります。

紙と鉛筆と暗算でBitcoinマイニングに挑戦する強者が登場 - GIGAZINE


また、IBMが1959年に発表したコンピューターのIBM 1401を用いたBitcoin採掘もシュリッフ氏は行っており、この時はパンチカードを使用してハッシュ計算を行わせました。この時の計算スピードは、1ハッシュあたり80秒だったとのことで、アポロ誘導コンピューターはIBM 1401と比較して約8倍のスピードでBitcoin採掘が可能。

Bitcoin mining on a 55 year old IBM 1401 mainframe: 80 seconds per hash
http://www.righto.com/2015/05/bitcoin-mining-on-55-year-old-ibm-1401.html

実際にアポロ誘導コンピューターでBitsoinマイニングを行っている様子は、以下のムービーで見ることが可能。ディスプレイ上に数字が表示され、マイニングのために計算を行っていることがわかります。

Bitcoin mining on the Apollo Guidance Computer - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アポロ計画が生み出した「4つの革新的技術」とは? - GIGAZINE

NASAが初の月面着陸を成功させた「アポロ11号」の通信音声1万9000時間分を公開 - GIGAZINE

アポロ計画で人類を月へ送り込んだ管制室の復元プロジェクト始動、月面到達50周年となる2019年の公開を目指す - GIGAZINE

地球温暖化はビットコインマイニングだけで2033年までに限界を迎える - GIGAZINE

世界最大のBitcoinマイナーはマイニングマシン構築のためNVIDIAよりも大量のシリコン半導体を購入している - GIGAZINE

紙と鉛筆と暗算でBitcoinマイニングに挑戦する強者が登場 - GIGAZINE

Bitcoinの価格上昇で「趣味のマイニング」が復活か - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア,   サイエンス,   動画, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.