モバイル

iPhoneがFace IDからディスプレイのどこを触れても認証可能な「新型Touch ID」を採用すると複数の情報源が報告

by Kārlis Dambrāns

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRではiPhone 5s以降のiPhoneに標準搭載されていた指紋認証技術「Touch ID」がなくなり、代わりに顔認証システム「Face ID」が搭載されていました。しかし、AppleはFace IDに見切りをつけ、Touch IDを復活させる可能性があると報じられています。

Apple developing in-screen Touch ID to remove iPhone notch - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/07/10/face-id-touch-id-apple-iphone-notch/

Rumor suggests Apple to make new iPhone without Face ID
https://9to5mac.com/2019/07/02/iphone-no-face-id-china/

情報を提供したのはApple関連の情報を扱う有名アナリストミンチー・クオ氏。クオ氏によると、2020年登場予定の新型iPhoneはクオ氏が以前にもリークしていた「5.4インチiPhone」「6.7インチiPhone」「6.1インチiPhone」の3モデルに加えて、「中国市場向けの第4モデル」が加わっている可能性があるとのこと。そしてその第4のモデルはTouch IDを備え、Face IDが搭載されなくなっているそうです。

この中国向けiPhoneがFace IDを廃した主な理由とは「価格」です。Face IDに必要なセンサーはコストが高く、Touch IDに切り替えるほうが販売価格が安くなるとのこと。

By Rahul Chakraborty

また、別の情報源も「AppleのTouch IDへの回帰」を報じています。金融コングロマリットクレディ・スイス中国向け投資情報によると、Appleのスクリーンサプライヤはフルスクリーンディスプレイを積極的に開発中で、2021年には「新型Touch ID」搭載のiPhoneが登場する可能性が高いそうです。Appleが取得した特許によると、「新型Touch ID」は音響指紋認識技術により、ディスプレイのどこに触れても指紋認証が可能になるとのこと。Face ID採用端末ではディスプレイ上部にノッチができてしまいますが、「新型Touch ID」ならばノッチが不要となるため、より無駄のないディスプレイを楽しめるようになります。

By Patently Apple

今回の報道を行ったApple関連のニュースメディアである9to5Macは、「新型iPhoneに対するリーク情報は懐疑的にみておくべきです。Appleがノッチ部分を小さくしようとしていることは確からしい情報ですが、Face IDが完全になくなっているという主張は現段階では行き過ぎです」と記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneの5G対応は2020年&ディスプレイサイズも変更になると有名アナリストが予測 - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone 11」はトリプルカメラ&Wi-Fi 6対応などこれまで明らかになっている情報まとめ - GIGAZINE

2019年登場の「iPhone XI/XI Max」のレンダリング画像&ムービーがリークされる - GIGAZINE

AppleはiCloudへのサインインにFace IDやTouch IDを利用するテストを行っている - GIGAZINE

2019年の新型iPhoneはタッチ機能内蔵型の有機EL採用でさらに薄く・軽くなる可能性 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.