試食

200gの牛肉の塊にトマトフォンデュソースをかけた肉の旨味をガッツリ味わえる「トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食」を松屋で食べてきた


200gの牛肉100%ハンバーグに濃厚ブラウンソースをからめた「ビーフハンバーグステーキ定食」が2018年に登場したところ、あまりの肉々しさが好評だったとのことで、2019年はたっぷりオニオンのトマトフォンデュソースになった「トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食」が4月23日(火)から登場しています。牛肉100%で食べ応え抜群、牛肉のうまみがガッツリ味わえるとのことだったので、さっそく食べに行ってきました。

トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2019/04/17/4879/

松屋に到着。


店頭では「粗挽きBEEF 100%」という文字と共にトマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食が大きくアピールされていました。


さっそく食券を購入し、注文を済ませると……


数分後、まずはスタンダードなビーフハンバーグステーキ定食が到着。定食がやってきた瞬間からにんにくの良い香りが漂います。


ハンバーグの直径は全長123.8mmのiPhone SEと同じくらい。


たっぷりのトマトフォンデュソースの下にはハンバーグとポテトサラダが敷かれていました。


では一口……と、ハンバーグを口の中に入れた瞬間にじゅわ~っと肉汁が広がり、口の中が肉の香りと旨みでいっぱいに。粗挽き牛肉・たまねぎ・パン粉・調味料・香辛料を配合しているとのことですが、つなぎが少ないためか、粗挽き肉であるためか、肉の弾力がしっかりと感じられ食べ応えがありました。


これが断面。かなり分厚いハンバーグで粗挽き感がしっかり見てとれます。


トマトソースはニンニクががつんと強い、濃い味付けなので、白ご飯必須。ご飯片手に肉をかき込むことになります。


トマトソースが絡んだポテトサラダは、肉とは対照的にまったりとした味付けでグッドでした。


かなりハンバーグが濃い味付けなので、さっぱりしたサラダや……


みそ汁がいい箸休めになります。


トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食は、スタンダードなハンバーグの他に、チーズや目玉焼きをトッピングしたものもあります。以下は目玉焼きがのった「トマトフォンデュソースのエッグビーフハンバーグステーキ定食」


トマトフォンデュソースがガツンと濃い味付けなので、とろりとした半熟目玉焼きはまろやかさをプラスしてくれてグッド。


また「トマトフォンデュソースのチーズビーフハンバーグステーキ定食」は、ハンバーグがチーズの海に溺れるほどのチーズの多さ。


濃い味のハンバーグにさらにたっぷりのチーズがプラスされ、濃厚さはダントツなのですが、「ちょっと濃厚すぎる……!」という声も。


さらに、チーズと目玉焼きをのせた「トマトフォンデュソースのチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」もあります。


ここまでいくとすごいボリューム。


とろーり卵と……


濃厚卵のダブルパンチ


……かと思いきや、トマトフォンデュソースとチーズの濃厚さが目玉焼きのまろやかさで穏やかになっており、チーズ単体がのっていた時よりもバランスのいい仕上がりに。ご飯の進む味なのは間違いがなく、200gのお肉&白ご飯でボリューム満点、しっかりとお腹を満たすことができました。


なお、いずれも5月7日(火)まではライス大盛りが無料で、価格は以下の通りです。

・トマトフォンデュソースのビーフハンバーグステーキ定食 790円
・トマトフォンデュソースのエッグビーフハンバーグステーキ定食 850円
・トマトフォンデュソースのチーズビーフハンバーグステーキ定食 890円
・トマトフォンデュソースのチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食 950円

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
京都ポーク100%の「HAMBURG LABO」ハンバーグセットを食べてみた - GIGAZINE

静岡のご当地レストラン「さわやか」のげんこつハンバーグといちごジュースを味わってきました - GIGAZINE

自宅ではできないレベルの肉汁あふれるハンバーグを店でわざわざ一つずつ本当に手作りしているカウボーイ家族の厨房に潜入取材 - GIGAZINE

3kgオーバーの肉が熱々の鉄板にてんこ盛りの「ペタプレート」をトゥッカーノで食べてきた - GIGAZINE

ハンバーグを合計1kg食べられるステーキのどんの「3代目横綱ハンバーグ夏の再起戦」に挑戦してきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.