セキュリティ

USB端子に挿すだけでPCを破壊する「USB Killer」でPCをぶっ壊しまくった学生が逮捕される

By stevanovicigor

アメリカニューヨーク州アルバニーのセントローズ大学の学生が、USB端子に挿すだけで高圧電流が流れてPCのサージ保護装置ごとPCを破壊する装置「USB Killer」を使用し、5万8471ドル(約650万円)相当の大学のPCを破壊して逮捕されました。学生は最大で懲役10年と25万ドル(約2800万円)の罰金と釈放後3年間の監視措置を言い渡されています。

Former Student Pleads Guilty to Destroying Computers at The College of St. Rose | USAO-NDNY | Department of Justice
https://www.justice.gov/usao-ndny/pr/former-student-pleads-guilty-destroying-computers-college-st-rose

Student used ‘USB Killer’ device to destroy $58,000 worth of college computers - The Verge
https://www.theverge.com/2019/4/17/18412427/college-saint-rose-student-guilty-usb-killer-destroyed-computers

犯行に使われた「USB Killer」とは、高電圧・高電流のパルスを発生する回路が内蔵されており、USB端子に差し込むだけで短時間で機器を内部から破壊してしまうUSBメモリのような見た目のデバイスです。

ポートに挿すとPCを物理的に破壊してしまう驚異のUSBメモリ「USB Killer」 - GIGAZINE


逮捕されたのはセントローズ大学に在籍する27歳学生のVishwanath Akuthota被告です。Akuthota被告はUSB端子に挿すだけでPCを破壊するUSB Killerを実際にPCに差し込む様子をビデオ撮影しており、そのムービーが犯行の証拠となっています。USB Killerによって破壊されたセントローズ大学のPCは計66台、被害総額は5万8471ドル(約650万円)相当とのこと。

by Jisc infoNet

Akuthota被告は最大で懲役10年と25万ドル(約2800万円)の罰金に加え、釈放後3年間の監視措置を言い渡されています。Akuthota被告はセントローズ大学に被害の弁済をすることに同意していますが、犯行の動機については何も語っていないそうです。Akuthota被告はインド出身でアメリカにはビザで滞在しており、2017年にはビジネスとコンピューター情報システムの2つの修士号を有していたとのこと。2016年にはセントローズ大学のFacebookビデオに出演しており、「起業家になりたい」という夢を語っていたようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ポートに挿すとPCを物理的に破壊してしまう驚異のUSBメモリ「USB Killer」 - GIGAZINE

USB端子に挿すだけで機器を破壊する「USB Killer」にさらに強力な新種が登場 - GIGAZINE

USBポートに挿すだけでガジェットを完全に破壊する恐怖の「USB Killer」をiPhone・MacBook・Pixel・GoProなどで一斉に使うとこうなる - GIGAZINE

USBポートに挿すと数秒でPCを起動不能にしてしまう「USB Killer」が実際にPCを破壊するムービーが公開 - GIGAZINE

わずか数十秒でWindowsやMacのロック画面を解除するUSB接続のスティック型PC「USB Armory」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   セキュリティ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.