ハードウェア

男性のペニスに取り付けてそのままHD撮影&Wi-Fi通信が可能なウェアラブルカメラ「The CockCam」


小型で軽量なウェアラブルカメラは、頭や胴体、自転車やバイクなどに固定することで、誰でも簡単にスリル満点の高画質ムービーを撮影することができ、人気があります。そんなウェアラブルカメラをシリコン型のリングケースで男性のペニスに固定して、誰でも簡単に臨場感あふれるムービーを撮影可能なガジェット「The CockCam」が海外で話題となっています。

The Cock Camera
https://www.thecockcamera.com/


Wearable penis camera lets you record your achievements - CNET
https://www.cnet.com/news/wearable-penis-camera-lets-you-record-your-achievements/


The CockCamで実際にどんな映像が撮影できるのかは、以下のムービーを見るとよくわかります。

The CockCam Base Jump - YouTube


車を運転して荒野を進む男性。


たどり着いたのは、見渡す限りに水平線が広がる崖際の遺跡でした。


男性は遺跡の中を進んでいきます。


男性が手にしていたバックパックにはパラシュートが収納されていたようで、準備とチェックを行います。


バックパックを背負ったら……


男性は崖からジャンプ。


次の瞬間、The CockCamの映像が広がります。男性はボクサーパンツの上から固定したディルドーにThe CockCamを装着し、そのままパラシュートで飛び降りている様子。気流に揺れるディルドー越しに、のどかな田園風景が広がります。


男性はパラシュートを操作し、川の方向へ向かっていきます。


みるみるうちに河原が迫り……


男性は見事着地。


シリコン製のディルドーは着地時の衝撃が伝わったのか、ブルンブルンと景気よく揺れ続けていますが、The CockCamはしっかり固定できているようで、映像が「ディルドーぶれ」で見づらくなるということはなさそうでした。


The CockCamはこんな感じ。カメラ本体はレンズを含めたユニットで、男性のペニスを通して固定できるリングケースが付いています。シリコン製リングケースは伸縮自在で、サイズフリーとなっているそうです。


カメラはMP4(H.264)形式で1080p・30fpsの音声付きムービーを最大90分撮影可能で、撮影したムービーはマイクロSDカードに保存されるそうです。また、暗闇の中でも撮影できるようにナイトビジョンモードも搭載されています。内蔵しているリチウムイオン充電池はMicro-USB端子ケーブルから、2~3時間でフルに充電できるとのこと。さらに、iPhoneあるいはAndroidスマートフォンとWi-Fiで連携することで、データをやりとりすることが可能です。


内容物は本体とリングケース、Micro-USB端子ケーブルのほかに、磁石でカメラを固定できるマウントもついています。公式サイトでは「あなたがしたい部屋のどこにでもThe CockCamを設置できます」とうたわれていました。


以下のさまざまな日用品と並べた画像を見ると、The CockCamの大きさがよくわかります。重さはおよそ1オンス(約28g)を下回る程度だとのこと。


カメラは防水で、リングケースは防じん製もあるとのことですが、「カメラを水に浸したり大量の液体にさらしたりしないでください」と公式で警告されているため、風呂場での使用には制限があるかも。また、長期録画を行う際に心配なのがカメラの放熱です。The CockCamを開発したJulzは「長時間撮影するとカメラが温かくなることがありますが、この製品は安全に使用できます。着用して気分が悪くなった場合は使用を中止して当社のチームに連絡してください」とアナウンスしていました。


アダルトグッズのIoT化にはプライバシーの問題がつきまといます。2016年には、スマートフォンと連携可能なバイブレーター「We-Vive」がユーザーデータをこっそり収集していたことが判明し、イリノイ州の女性たちから集団訴訟を起こされる事態に発展しました。

スマホと連動する女性用大人のおもちゃが密かに使用データを収集していたとして訴えられる - GIGAZINE


Julzのディレクターで共同創設者のCharlie Hudson氏はCnetの取材に対して「私たちは顧客のプライバシーが最優先事項であることを強く認識しています。私たちは自分たちの商品にできるかぎりの予防措置を行っています」と述べ、プライバシーに配慮した上で、FaceTimeスタイルのライブストリーミングができるように、The CockCam用アプリのアップデートを予定していると述べています。


The CockCamは159ドル95セント(約1万8000円)で、以下のページで販売されていますが、記事作成時点では日本への出荷はしていないとのことでした。

The CockCam - Julz Holdings Ltd
https://www.thecockcamera.com/products/rest-of-world

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホと連動する女性用大人のおもちゃが密かに使用データを収集していたとして訴えられる - GIGAZINE

性行為中の消費カロリーやピストン速度&回数などを管理できるスマートコンドーム「i.Con」が登場 - GIGAZINE

性的快感をアップさせ外れにくく穴もあきにくい新世代コンドーム「LELO HEX」 - GIGAZINE

オーラルセックスをまねて女性の性欲を高めることができるガジェット「Fiera」 - GIGAZINE

ベッドルームでのパフォーマンスを多面的に計測できるコンドーム型デバイス「i.Con」がまもなく登場 - GIGAZINE

精力と勃起力を鍛えて無尽蔵のオーガズムが楽しめるようになるスマート下着「VylyV」 - GIGAZINE

潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性コンドーム」が開発されている - GIGAZINE

中国のセックスドール製造工場にカメラが潜入、AI機能を盛り込むチャレンジが行われている - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.