モバイル

iPhoneが盾になって矢の直撃を防ぐ奇跡のような事件が発生


「何者かが撃った銃弾が人の胸に当たり絶体絶命と思われたものの、なんと胸ポケットには思い人の写真が挟まれたロケットペンダントが入っており、幸運にも一命を取り留める」というシーンを、映画やドラマなどで見たことがあるという人もいるはず。オーストラリアではそんな奇跡のシーンを文明の利器で再現したような、「iPhoneが矢の直撃から男性を守る」という事件が発生しました。

Latest News - NSW Police Public Site
https://www.police.nsw.gov.au/news/news_article?sq_content_src=%2BdXJsPWh0dHBzJTNBJTJGJTJGZWJpenByZC5wb2xpY2UubnN3Lmdvdi5hdSUyRm1lZGlhJTJGNzU1OTAuaHRtbCZhbGw9MQ%3D%3D

iPhone Saves 43-Year-Old Owner During Bow and Arrow Attack in Australia
https://www.idropnews.com/news/iphone-saves-43-year-old-owner-during-bow-and-arrow-attack-in-australia/99039/

オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるニンビンという村は、大麻がオープンに売買されているヒッピー文化の残る村として知られています。2019年3月13日9時ごろ、そんなニンビンに住む43歳の男性は自宅の前に車を止めて車外に出たところ、家の前で怪しい男が待ち伏せしているのを発見しました。

男は男性の知り合いでしたが、弓と矢で武装した異様な姿をしていたとのこと。男性は自分の顔の前にiPhoneを掲げ、怪しい男の姿を写真に収めました。しかしその直後、男は矢を男性に向かって放ったそうです。

矢は男性の顔めがけて飛んできましたが、幸運にも持っていたiPhoneに突き刺さったため男性は直撃を避けることができ、アゴに軽い傷を負っただけで済んだとのこと。実際に男が放った矢が突き刺さった男性のiPhoneがこれ。



矢がiPhoneを貫通していますが、幸い少し突き出た程度でストップしています。iPhoneのモデルまでは明らかになっていませんが、画面保護のためにサードパーティ製のプロテクターが装着されていた模様。


ちょうど画面の左上あたりに矢が突き刺さっており、偶然iPhoneを顔の前に掲げ、画面に保護プロテクターを付けていた男性はまさに奇跡といえるほどラッキーだったようです。


その後、矢を放った39歳の男は駆けつけた警察に逮捕されたそうで、悪意を持って武装したこと、実際に男性へケガを負わせたことなどで起訴されることとなっています。なお、記事作成時点では一時的に保釈されているとのこと。

過去にも大学院生が強盗に襲われて発砲されたものの、ポケットに入れていたiPhoneに銃弾が当たり奇跡的に無傷で済むといった事件も起きており、iPhoneは物理的に人命を救うこともあるようです。

iPhoneは銃弾をも受け流し、あなたの命を助ける - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneは銃弾をも受け流し、あなたの命を助ける - GIGAZINE

Samsungのスマホが弾丸を受け止め爆発することなく命を救う奇跡を起こす - GIGAZINE

iPhoneを銃弾から守ってくれる装甲ケースを実際に銃撃するとどうなるのか実験したムービー - GIGAZINE

リリースされたばかりのApple Watchの心電図機能でさっそく命を救われる事例が報告される - GIGAZINE

Apple Watchがまたも人命を救う、転倒検出機能が気を失って顔面流血のおじいさんの早期発見に貢献 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in モバイル, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.