ハードウェア

誰でも簡単に「縫合が必要なレベルの切り傷」に応急処置を施せる「ZipStitch」


野外で運動したり遊んだりしていると、ちょっとした不注意がきっかけで擦り傷や切り傷を作ってしまうことがあります。傷が浅い場合は洗浄してドレッシング材で覆うという応急処置で十分対応できますが、皮下組織以下まで切れるような深い傷の場合は縫合が必要な場合があり、応急処置の枠を超えてしまうこともあります。「ZipStitch」は針や糸、縫合技術を必要とせずにしっかりと切り傷を閉じることができるアイテムとなっています。

ZipStitch | Hospital Grade Wound Care For Your Outdoor, Home or Car First Aid Kit
https://zipstitch.us/


実際にZipStitchがどんなアイテムなのかは以下のムービーをみると一発でわかります。

Treating a wound with ZipStitch - YouTube


自然を舞台にしたアウトドアスポーツでは、ちょっとしたはずみで大きなけがを負ってしまうことがあります。あまりにも深い傷を負ってしまうと出血や化膿によって致命傷になりかねないため、適切な応急処置が求められますが、森の中や山上でケガをした場合、とっさに病院へかけつけることができない状況のこともあります。そんな時に役立つのが「ZipStitch」です。


傷を負ってしまった場合は、まず手をよく洗い、傷口を止血し、真水や生理食塩水で傷口を軽く洗って泥や枯れ葉などを取り除きます。


傷口の周辺を丁寧に消毒したら……


ZipStitchで傷口をふさぎます。ZipStitchはプラスチック製のワイヤーとスリットが入ったばんそうこうになっていて、スリットに傷口を合わせるように貼ります。


ZipStitchを固定したら、周りのシートを外し……


ぐっとワイヤーを引っ張ります。ワイヤーは一度引っ張ると元に戻らないようになっているため、傷口が開いて再び出血したり雑菌が入ったりしないように固定することが可能。


4本のワイヤーを引っ張って固定したら、はみ出ているワイヤーをハサミでカットして……


その上からドレッシング材で覆います。もちろんこれはあくまでも応急処置に過ぎないので、この後病院で正しい治療を受ければOK。複雑な操作や繊細な作業は一切要求されないので、誰でも簡単に処置を施すことができます。


傷口から出血すると、空気に触れた血小板によってかさぶたが形成され、その下では白血球が雑菌を排除したり、線維芽細胞が皮膚組織を修復したりします。しかし、縫合が必要なレベルまで深い傷だと、ちょっとしたはずみで出血が再開したり、傷口が乾燥して治りが遅くなってしまったりすることも。また、傷口から雑菌が入り込んでしまうと敗血症破傷風を引き起こすなど命に関わる可能性も十分考えられます。ZipStitchを使って傷口を閉じてふさいだ状態に固定することで、より早い回復が期待できます。

ZipStitch1枚・アルコールを含んだ脱脂綿1枚・ガーゼ1枚・ばんそうこう1枚がセットになったLaceration Kit(裂傷キット)がAmazon.comで、29.99ドル(約3300円)で取り扱われていますが、記事作成時点では日本への発送はしていないとのことでした。


Amazon.com: ZipStitch Laceration Kit - Surgical Quality Wound Closure (up to 1.5") for in-Home Use (No Stitches) - for First Aid Kit, Car Kit, Outdoor/Survival Kit, Travel, Camping, Hunting, Hiking: Health & Personal Care

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
安価な医療ツールで多くの人が救われる「リバース・イノベーション」はなぜ医療で起こらないのか? - GIGAZINE

「ウジ虫」が負傷した兵士を救うために戦争地帯へ投入される見込み - GIGAZINE

傷の治療方法に革命、治癒や修復を促進する新素材が開発される - GIGAZINE

ケガの状態をチェックして適切な投薬もしてくれる「スマート絆創膏」 - GIGAZINE

傷口を生体組織で覆って治療する「3D皮膚プリンター」が開発される - GIGAZINE

なぜ医者は新しい医療ツールを拒否するのか? - GIGAZINE

細胞リプログラミングを使って大ケガをしても「皮膚をキレイな状態に治すことができる」との研究結果 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.