試食

味覇スープに野菜をたっぷり入れたカロリー控えめの「味覇使用 具だくさんスープ」を食べてみた


ロングセラー中華調味料「味覇」とエースコックがコラボした「味覇使用 具だくさんスープ」が2019年2月18日に登場しています。味覇を使用した本格中華のスープに、ワンタンと6種の野菜が入った具だくさんのカップスープになっているとのことなので、実際に食べてみました。

廣記商行監修 味覇使用 具だくさんスープ|商品情報|エースコック株式会社
http://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=916

これが「味覇使用 具だくさんスープ」。中華調味料の味覇をオマージュした、赤地に豚や野菜などの食材の絵が描かれたパッケージになっています。


「ワンタンと6種の具材が入った具だくさんの中華風塩スープ」とのこと。


原材料には「中華調味料(味覇)」と書かれており、確かに味覇使用のカップスープであることが確認できます。具材にはワンタン・チンゲン菜・卵・ごま・ねぎ・キクラゲ・ニンジンと、「ワンタンと6種の具材」が並んでいます。なお、内容量は14gでした。


カロリーは1食あたり58kcalとかなり控えめ。なお、かやくだけのカロリーは26kcal、スープだけでは32kcalです。


カップを開けて中身を取り出すと、かやくの袋と、かやく入り粉末スープの袋が入っていました。


かやくはこんな感じで、他の具材に比べると大ぶりのワンタンと、たくさん入った卵が目立っています。


かやくと粉末スープをカップに入れて……


中の線までお湯を注ぎます。お湯の量は約220ml必要とのこと。


フタをして、3分待ちます。


3分経過後、中身をよくかき混ぜたら完成。


まずはスープを飲んでみます。確かに味覇ベースであるものの、チンゲン菜やねぎといった葉菜類の味を強く感じる複雑な味わいの野菜スープになっていました。


食べてみると、ワンタンの皮が味覇と野菜のスープの味をしっかり吸い込んでいて、とてもやわらか。それぞれの具材の味わいだけでなく、卵はふわとろ、チンゲン菜はシャキシャキ、キクラゲはコリコリと、食感もはっきりしています。細かくカットされていても主張の強い野菜のおかげで、「野菜たっぷり」といったカップスープになっていました。


「味覇使用 具だくさんスープ」は希望小売価格税抜170円で全国のスーパーおよびコンビニなどの小売店で販売されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
あの味覇がラーメンになったカップ麺「味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」を食べてみた - GIGAZINE

ピザポテトをカップ麺にした「カルビーピザポテト味ヌードル」&サッポロポテトバーベQあじをカップ焼そばにした「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」を食べてみた - GIGAZINE

すだち香るさっぱりポン酢と濃厚マヨネーズが相性抜群の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味」を食べてみた - GIGAZINE

スパイシーなこってり甘濃ソースにからしマヨが相性抜群な「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 太麺甘濃ソース」を一足先に食べてみた - GIGAZINE

パラパラ炒飯にとろ~りチーズと熱々マーボーを合わせた「麻婆モッツァレラ炒飯」を大阪王将で食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.