ハードウェア

新型iPad Proのベンチマークスコアが公開、一部の性能はMacBook Proすら超えていることが明らかに


2018年10月30日に行われたAppleの新製品発表イベントで、「A12X Bionic」チップを搭載し、ホームボタンを排除するなどデザインを大きく一新したiPad Proが発表されました。発表イベントでは「他のPCと比較しても高い性能を誇っている」とアピールされていた新型iPad Proの、Geekbench によるベンチマークスコアがオンラインに公開されています。

Geekbench scores for new iPad Pro surface, rivals 2018 MacBook Pro performance - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/11/01/geekbench-ipad-pro-performance/


New iPad Pro Has Comparable Performance to 2018 15" MacBook Pro in Benchmarks - MacRumors
https://www.macrumors.com/2018/11/01/2018-ipad-pro-benchmarks-geekbench/


新型iPad Proは、8コアCPU・7コアGPUの7nmプロセスSoC「A12X Bionic」を搭載し、新製品発表イベントでは「すべてのPCの92%より速い」と豪語されていました。この新しいiPad ProのGeekbenchによるベンチマークはオンラインで公開されていて、CPU性能評価でシングルコア性能は5000前後、マルチコア性能はおよそ17000~18000というスコアをたたき出しています。

以下の同じGeekbenchによるスコア性能比較を見ると、前世代のiPad Proはもちろんのこと、単体でMacBookを駆動できるほどの性能があることが判明している「A12 Bionic」チップを搭載したiPhoene XS・iPhone XS Max・iPhoen XRをもしのいでいます。また、2018年7月に発売された15インチのMacBook Proでも、2.2GHz・6コア Core i7搭載型に対してはシングルコア性能で勝っていることが判明しました。2.2GHz・6コア Core i7搭載型の15インチMacBook Proは税別25万8800円という価格であるのに対して、新型iPad Proは11インチ・ストレージ512GB・Wi-Fiモデルであれば税別12万8800円とおよそ半額に近い価格であるということは「実に印象的だ」とMacRumorsは評価しています。


また、Geekbenchによるレポートは、iPad Proが6GBもしくは4GBのRAMを搭載しているということを示しています。レポートでの「iPad8,8」は5650MBのメモリをもち、「iPad8,3」は3769MBのメモリをもっています。新型iPad Proのメモリの容量はストレージ(ROM)によって異なります。ROMが64GB・256GB・512GBのモデルは4GBのメモリ、ROMが1TBのモデルは6GBのメモリを積んでいます。


今はまだそこまでメモリを大幅に消費するようなアプリや機能はなさそうですが今後登場するであろうiOS 13やiOS 14では今よりもっとメモリを要求するような機能も追加されるかもしれない、と9to5Macは予想しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「iPad Pro」がベゼルレスデザイン&新型Apple Pencil&USB-C採用で大幅進化 - GIGAZINE

デザインが一新された「iPad Pro」や新型「MacBook Air」などが発表されたAppleの新製品発表イベントまとめ - GIGAZINE

「Mac mini」が4年ぶりアップデート、CPUは最大6コア&メモリは最大64GBに大幅強化 - GIGAZINE

ついに新型「MacBook Air」が登場、Retinaディスプレイ搭載&より薄型に進化 - GIGAZINE

iPhone XS世代に搭載の「A12 Bionic」チップはMacBookを駆動できるほどのパワーがあることが判明 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.