サイエンス

アルツハイマー病はヘルペスウイルスが原因であることを裏付ける研究論文が発表される

by Samuel Zeller

世界中で3000万人以上が苦しむといわれれるアルツハイマー病は、適切な治療法が見つかっていない認知症のひとつです。そんなアルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与しているという研究結果は古くから存在するのですが、新たに、ヘルペスウイルスがアルツハイマー病の原因となっていることを裏付けるような研究結果が公表されています。

Frontiers | Corroboration of a Major Role for Herpes Simplex Virus Type 1 in Alzheimer’s Disease | Frontiers in Aging Neuroscience
https://doi.org/10.3389/fnagi.2018.00324


Alzheimer's disease: mounting evidence that herpes virus is a cause
http://theconversation.com/alzheimers-disease-mounting-evidence-that-herpes-virus-is-a-cause-104943

2018年10月19日に公開された最新の研究論文によると、ヘルペスウイルスがアルツハイマー病の原因となっていることを示す強力な証拠が発見されています。また、安全かつ効果的な抗ウイルス薬を投与することで、アルツハイマー病患者を治療できる可能性や、アルツハイマー病の予防接種を行えるようになる可能性も示唆されています。


口唇ヘルペスを引き起こすことで知られる単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)は、アルツハイマー病に関与するウイルスの一種であると考えられています。HSV-1は幼児期に多くの人々に感染し、末梢神経系の脳および脊髄以外の神経系の一部に休眠状態で潜伏します。HSV-1に感染した人がストレスを受けると、ウイルスが活性化し、口唇ヘルペスなどを引き起こす原因となります。

このHSV-1が高齢者の脳にも存在することは、1991年に公表された研究論文の中で明らかにされました。また、1997年に公表された研究論文では、アルツハイマー病の危険因子であるアポリポ蛋白質E遺伝子多型の1種であるAPOE4とHSV-1が同時に脳内に存在する場合、アルツハイマー病を発症する危険性が高くなることが示されています。

HSV-1は脳内で繰り返し活性化する危険性のあるウイルスで、脳に累積的な損傷を引き起こす可能性が示唆されています。また、脳にAPOE4とHSV-1が同時に存在する場合、アルツハイマー病を発症する確率はどちらの因子も存在しない場合と比べて12倍も高くなることも判明していました。

by jesse orrico

最新の研究ではこのHSV-1がアミロイドβのような異常なタンパク質を蓄積させることが発見されています。脳内でこれらのタンパク質が蓄積することはアルツハイマー病の特徴のひとつであるため、研究チームはHSV-1がアルツハイマー病の主要な寄与因子であると考えているわけです。

具体的にどのような順番でアルツハイマー病が発症すると考えられているかというと、まず、免疫系が衰退するにつれて高齢者の脳内でHSV-1が増加します。そして、ストレスや免疫系の低下、その他のウイルス感染などにより起こる脳の炎症により、HSV-1が「脳内で再活性化」します。すると、脳内で再活性化したHSV-1はウイルス誘発性炎症を引き起こし、脳内の感染細胞に直接的な損傷をもたらし、脳内にアミロイドβを蓄積させます。これがAPOE4遺伝子を持つ人々のアルツハイマー病の原因とされる、脳への累積的損傷であると考えられているわけです。

by Cheron James

これらの研究結果から、抗ウイルス薬がアルツハイマー病患者の治療に役立てられる可能性も示唆されています。安全な抗ウイルス薬を用い、新種のウイルスが発生することを防ぐことで脳内で起きる損傷を防ぎ、アルツハイマー病の発症を防ぐことを目指すものです。

実際に過去の研究から、抗ヘルペスウイルス薬であるアシクロビルがHSV-1のDNA複製プロセスをブロックし、HSV-1の感染により引き起こされるアミロイドβの発生を抑制することが可能であることは既に明らかになっています。

ただし、この研究はヘルペスウイルスとアルツハイマー病の関連性しか示されていない点には注意が必要です。研究はHSV-1がどのようにアルツハイマー病を引き起こすかを示したものですが、実際に「アルツハイマー病の原因はHSV-1である」と示すには、抗ウイルス薬を用いて脳内のHSV-1を抑制するとアルツハイマー病の発症率が大きく減少することを証明する必要があるとのことです。

なお、過去に台湾で行われた大規模な集団調査の中で、抗ヘルペスウイルス薬がアルツハイマー病の予防に役立つことは実証されているため、ヘルペスウイルスがアルツハイマー病の原因となっていることを証明できる日もそう遠くはないのかもしれません。

・関連記事
アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘 - GIGAZINE

運動はアルツハイマー病患者の脳を改善する可能性がある - GIGAZINE

アルツハイマー病の診断はなぜ難しいのか? - GIGAZINE

アルツハイマー病に影響するアミロイドβの有益性を突き止めた二人の研究者の奇遇 - GIGAZINE

アルツハイマーと診断されている人は本当はアルツハイマーではない可能性が浮上 - GIGAZINE

アルツハイマー病になったマウスの脳機能を科学者たちが回復することに成功 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logu_ii