乗り物

イギリスが次世代ステルス戦闘機「テンペスト」の実物大模型を公開


イギリスで開催されているファーンボロー国際航空ショーで、イギリスが開発を進めている次世代のステルス戦闘機「テンペスト」の開発計画と実物大模型が公開されました。

UK unveils new Tempest fighter jet model - BBC News
https://www.bbc.co.uk/news/business-44848294


UK unveils new Tempest fighter jet to replace Typhoon | UK news | The Guardian
https://www.theguardian.com/uk-news/2018/jul/16/uk-tempest-fighter-jet-typhoon-farnborough-airshow

ギャビン・ウィリアムソン国防大臣によると、テンペストの開発は2025年までに20億ポンド(約2980億円)かけて行われ、配備は2035年を予定。

テンペストは第6世代ジェット戦闘機に分類される機体で、完成すれば1994年初飛行のユーロファイター・タイフーンを置き換える存在になります。ちなみに、第二次世界大戦当時のイギリス空軍で使われていた戦闘機にホーカー・アビエーション社製造の「ホーカー タイフーン」「ホーカー テンペスト」という機体があり、テンペストはタイフーンの大幅改良版でしたが、今回は無関係です。

ホーカー テンペスト


実際にウィリアムソン国防大臣が実物大模型の前で発表を行う様子は以下のムービーで見られます。

U.K.’s New Tempest Fighter Jet Revealed - AINtv Express - YouTube


開発を主導するのはBAEシステムズで、エンジンメーカーのロールスロイス、イタリアの軍需メーカーのLeonardo、ヨーロッパのミサイルメーカーのMBDAが参加します。イギリスのEU離脱を見据えてフランスとドイツは新型戦闘機を共同開発する方針を発表しており、イギリスは蚊帳の外に置かれた形となっていることから、他国と連携しての開発も視野に入れているようです。

・関連記事
将来の戦闘機は「人間パイロットの親機+複数のドローン戦闘機」になるという可能性 - GIGAZINE

F-35戦闘機やC-17軍用輸送機が超低空で目の前を旋回していくイギリスの有名スポット「Mach Loop」 - GIGAZINE

戦闘機パイロットの耐G訓練を素人が体験してみたムービーが公開中 - GIGAZINE

戦闘機の射出座席で緊急脱出する時の一連の流れはこんな感じ - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logc_nt