メモ

ワールドカップの最大の「勝者」はApple


FIFAワールドカップ2018・ロシア大会の決勝トーナメントもいよいよ大詰めを迎え、世界最大のスポーツイベントの勝者の誕生を世界中のサッカーファンが見つめています。巨大ビジネスのワールドカップにおいて「商業面で真の勝者となったのはAppleだ」とささやかれています。

World Cup 2018: Apple products are everywhere, even though it's not a sponsor — Quartz
https://qz.com/1323849/world-cup-2018-apple-products-are-everywhere-even-though-its-not-a-sponsor/

2014年にブラジルで開催されたワールドカップでは、全世界で32億人がテレビ中継を視聴したことが判明しており、オリンピックを上回る「世界最大のスポーツイベント」としての地位を確立しています。なお、今回のロシア大会ではFIFAはワールドカップで16億ドル(約1800億円)ものマーケティング収益をあげると予想されています。

世界規模で視聴されるワールドカップの試合のスポンサー企業は、その露出に見合った高額な費用を支払っており、ロシア大会では多くの中国企業が公式スポンサーに名乗りを上げたことでも知られています。巨大マネーが動くワールドカップでは、スポンサードに関して極めて厳格な取り決めがなされており、公式スポンサー以外の企業がワールドカップに便乗したキャンペーンを行うことに対し、FIFAは鋭い目を向けています。

例えば、ワールドカップ出場国の代表選手はFIFAワールドカップ公式スポンサーではない企業のロゴが描かれた状態の衣服やアクセサリーを着用することは「ambush marketing(待ち伏せマーケティング)」として禁止されており、着用する場合でもロゴマークなどを「目張り」することで当該企業が識別できないような措置を取ることが求められています。

しかし、Appleのイヤホン「AirPods」だけは別。独特の形状にはそもそもロゴなどによるアピールは不要で、一目でAppleのAirPodsだと判別できるデザインの力があります。


ドイツ代表のユリアン・ドラクスラーがロシアへ旅立つときの様子。耳にはAirPods。


ロシアに到着したメキシコ代表のGK・ギレルモ・オチョアの耳にもAirPodsが装着されていました。


準決勝前にトレーニングに参加するイングランド代表のジェシー・リンガード。AirPodsを耳に付けて現れました。


アルゼンチン代表のリオネル・メッシの耳には何も装着されていませんでしたが、3人前の選手はAirPodsを装着しています。


ポルトガル代表のクリスチアーノ・ロナウドも何も装着してませんが、やはり前を行くチームメンバーはAirPodsを装着していました。


ネイマールチャレンジ」ブームを巻き起こしてしまったブラジル代表のネイマールの耳にもしっかりAirPodsが装着されていました。


なお、AirPodsではなくApple傘下のBeatsが好みの選手も多かった模様。ベルギー代表のロメル・ルカクは赤いBeatsのヘッドホン。なお、ロゴを隠すために黒い目張りがされています。


イングランド代表のマーカス・ラッシュフォードもBeatsヘッドホンでした。


ワールドカップ出場国では、自国の代表メンバーや相手チームの様子は連日放映されるので、その宣伝効果は抜群です。FIFA公式の「ワールドカップスポンサー」のスポンサー料は4年間で1億ドル(約110億円)ともいわれるなか、スポンサー料を払うことなくAirPodsとApple自体を売り込むことに成功したAppleは、間違いなく今大会のワールドカップの「勝者」といえそうです。

・おまけ
ちなみに、Appleがワールドカップに"便乗"するのはロシア大会が初めてというわけではありません。2014年のブラジル大会では、地元のスーパースターのネイマールなど有名選手を出演させたBeatsのプロモーションムービーをワールドカップ開催期間に合わせて作成していました。

The Game Before The Game : Film Presented by Beats by Dre - YouTube


AppleがBeatsを買収したのはワールドカップ2014ブラジル大会開幕直前の2014年5月でしたが、上記ムービーでネイマールはiPhone 5sを使っており、Beatsの宣伝の中で、ちゃっかりiPhoneのアピールも行われていました。

さらに、Apple(正確にはBeats)はワールドカップ閉幕日にゴールド仕様のヘッドホン「Gold Pros」を発表しましたが、なぜかゴールドのサッカーボール付き。


ゴールドモードのナオミ・キャンベルは以下のプロモーションムービーで「ドイツのみんな、おめでとう。(監督を含む)24人の代表メンバーには24金のBeatsヘッドホンをプレゼントするわ。世界チャンピオンおめでとう」と祝福しています。

Beats by Dr. Dre: Behind The Scenes on 'Golden' with Naomi Campbell and Rankin - YouTube


もちろんApple(正確にはBeats)は「FIFAワールドカップ」というフレーズを一切出していませんが、ワールドカップに便乗していたのは明らか。ちなみにFIFAワールドカップ2014ブラジル大会の公式スポンサーにはソニーがいたため、FIFAはワールドカップ期間中のメディア対応の場でソニー以外のヘッドホンの着用禁止の通達を出していたようですが、Appleにしてやられたようです。

・関連記事
サッカー・ワールドカップのスポンサーは世界経済の情勢を反映している - GIGAZINE

世界一儲かるスポーツ?サッカークラブトップ20の合計年間収入は7900億円超、圧倒的な収入内訳がコレ - GIGAZINE

FIFAの贈収賄スキャンダルに関わっている人物リストがサッカー協会の重鎮だらけでトンデモナイことに - GIGAZINE

なぜアメリカがFIFAのスキャンダルを取り締まろうとしているのか、一体何が起きているのかまとめ - GIGAZINE

無料でNHKのワールドカップ生中継32試合が見られる「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」は複数アングルのカメラを切り替えたり見逃し視聴にも対応 - GIGAZINE

AppleのAirPodsの斬新な着け方をジュリアーニ・元ニューヨーク市長が披露して話題に - GIGAZINE

Googleがビッグデータを解析してW杯を予測すると全試合的中、準々決勝も当ててしまうのか? - GIGAZINE

ワールドカップ出場国のユニフォームをキレイなお姉さんたちの身体にボディーペイントをして再現 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   デザイン,   メモ, Posted by logv_to