×
ネットサービス

数十種類の無料日本語フォントをブラウザ上で一度に試せて便利な「ためしがき」を使ってみた


このフォントを使いたい!と思ってファイルをダウンロードしてみたものの、いざ使おうと思った時に目当ての漢字にだけ対応していない……と意気消沈したことがある人もいるはず。「ためしがき」はダウンロード前のフォントをブラウザ上で横断的に試せるサービスとなっており、記事作成時点で55種類の無料フォントをまとめてチェックできます。

ためしがき
https://tameshigaki.jp/


上記のページにアクセスしたら、まずはテキスト欄に文字を入力。エンターキーを押すと……


さまざまなフォントで「こんにちは」という文字が表示されました。記事作成時点で登録されている日本語フォントは55種類で、そのすべてを「こんにちは」で表示しています。


各フォントは、右下にフォント名が記されています。


さらに「こんにちは!GIGAZINEです!」と入力。


すると、アルファベット部分が絵文字になるものや、そもそもアルファベットに対応しておらず表示ができないものが明らかに。


対応していない文字には別のフォントをあてがっているもののもあるので、「ためしがき」を使うことで、ダウンロード前に自分が目的としている文字が表示可能かどうかをチェックできます。


漢字に対応していないフォントも。


気になるフォントをクリックしてみます。


「フォントをシェアする」を押すと……


Twitter・Facebook・URLのコピーという方法でシェアが可能。URL先はこの表示ページになるので、「どのフォントを使おう?」と複数人で相談している時などに便利。


また「配布先:自家製フォント」をクリックすると、文字通り配布先に飛ぶので、そこからダウンロードが可能です。


なお、「ためしがき」はGoogle ChromeやFirefoxからの利用が可能ですが……


WOFF2というフォント形式が使われているため、Internet Explorerなどではうまく表示されないことがあります。


「ためしがき」を作ったのはエンジニアのナベさん。使用されているフォントは商用利用可能なフリーフォントのうち、改変・再配布可能なフォントのみとなっています。以下のウェブページから「なぜ『ためしがき』を作ったのか?」という話や、どのようにして作っているのか?ということを読むことが可能。今後は、フォントの数を増やすとともにフィルタリング機能の追加なども行われていく予定とのことです。

日本語のフリーフォントをまとめて試せるサイト「 #ためしがき 」をなんで作ったのかと技術的な話 - フロントエンドの地獄
https://nabettu.hatenablog.com/entry/tameshigaki

・関連記事
言葉ではなくフォントの種類で札を見分ける「フォントかるた」で実際に遊んでみた - GIGAZINE

商用利用可能な無料フォントを検索可能な「FONT BEAR」 - GIGAZINE

無料で任天堂のロゴ風デザインが作れるフォント「Nu Hanafudaya」 - GIGAZINE

無料で商用利用可能な日本語フォント「ぬかみそフォント」 - GIGAZINE

無料で商用OKなマンガの吹き出しにも使える明朝体かな&ゴシック体漢字フォント「やさしさアンチック」 - GIGAZINE

無料で商用利用可のユニークなデザインのフォントがダウンロードできる「YosukeMasaki」 - GIGAZINE

商用利用可能な子どもが書いたっぽい日本語フリーフォント「ようじょふぉんと」 - GIGAZINE

無料で商用利用可能なスタイリッシュかつシンプルなフォントいろいろ - GIGAZINE

無料で商用利用も可能な印象的な英字フォントいろいろ - GIGAZINE

無料でダウンロード可能&デザイナーに人気の英字フォントいろいろ - GIGAZINE

中二病や黒歴史っぽいカッコよさとインパクト重視のフリーフォント集 - GIGAZINE

in ネットサービス,   デザイン, Posted by logq_fa