×
モバイル

捜査機関によるiPhoneアンロックを難しくする「USB制限モード」の実装をAppleが進めている

By iphonedigital

警察などの捜査機関が事件の容疑者を含むユーザーのiOS端末を自由にアンロックして中身を抜き取ることを可能にする「GrayKey」の使用を難しくするための改良を、Appleが実施することが確実になってきました。2018年秋にもリリースとみられる「iOS 12」からは、1時間以上アンロックされていない端末はUSBケーブルを使ったデータ通信機能が無効になるものとみられています。

Apple to undercut popular law-enforcement tool for cracking iPhones | Reuters
https://www.reuters.com/article/us-apple-iphone-cracking/apple-to-undercut-popular-law-enforcement-tool-for-cracking-iphones-idUSKBN1J92ZY

Apple Confirms Plans to Disable Law Enforcement Access to iPhone via Tools Like GrayKey Box - Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2018/06/13/apple-usb-restricted-mode-ios-12/

Appleでは、端末内部のデータを暗号化することでユーザー以外の第三者によってデータを盗み見られてしまうことを防ぐ方策をiOSに実装してきました。しかしこの仕様によって、犯罪に使われた端末を警察などの捜査機関が分析することが難しくなっていたという実態がありました。捜査機関とAppleの間では、この件をめぐる激しい攻防が繰り広げられてきましたが、USBケーブルで端末と接続することで中身を見られるようにしてしまう謎の装置「GrayKey」の登場によって、捜査機関側に軍配が上がる状況となっていました。

1台たった5000円でiPhoneのロックを解除するサービスをアメリカ国務省が購入した - GIGAZINE


GrayKeyは本体から2本のLightningケーブルが伸びる装置で、このケーブルに中身を抜き取りたいiPhoneを接続すれば、パスコードを解除できるという恐るべき装置です。Appleではユーザー保護の観点から捜査当局のロック解除の協力要請を次々と突っぱねてきていましたが、GrayKeyはそのような「お願い」をAppleにすることなく自由に中身を見ることを可能にしてしまいました。


この状況に対し、AppleはUSBケーブル経由の通信に一定の制限をかける措置をiOSに実装する方針を固めています。すでにiOS 11.4.1の段階では端末を7日間放置するとデータ通信が不可になり捜査機関によるアクセスを制限するUSB制限モードが確認されていましたが、記事作成時点で最新版のiOS 12ベータ版ではロック状態が1時間続くとUSB制限モードが有効化される設定に変更されていることが明らかになっていました。

iOSに「外部からのアンロックが困難になる」機能が実装か、端末を1時間放置するとLightningポートを介したデータ通信が不可に - GIGAZINE


そしてAppleはついに、この強化版USB制限モードの搭載をロイターに対して認めたとのことです。この制限モードはユーザーが自由にオン/オフを設定することが可能ですが、デフォルト状態ではオンになっており、iOS 12に更新した瞬間から使えるようになる模様。つまり、iOS端末ユーザーは、iOS 12に更新することで誰でもこのデータ保護のメリットを享受できる状態になるというわけです。


なお、USB制限モードが有効化されている状態ではLightningケーブルを使った通信はシャットアウトされますが、従来どおり充電を行うことは可能。また、USB制限モードになっていた端末でも、ユーザーがFace IDやTouch IDで端末をアンロックすると、元通り通信できるようになるとのことです。

一方のGrayKeyは、どのような仕組みで端末のロックを解除してきたのか明らかにされていませんが、「USBを経由してデータをやり取りしている」という点については間違いなく、今回のAppleの措置の影響をまともに受けることになるとみられます。GrayKey側が果たしてどのような対策を講じてくるのか、こちらも注目は集まりそうです。

・関連記事
iOS 11.4に「USB制限モード」登場か、端末を7日間放置するとデータ通信が不可になり捜査機関によるアクセスを制限 - GIGAZINE

iPhoneの暗号化をAppleの協力なしで解除する7つの方法 - GIGAZINE

iOS11以下のどのiPhoneのロックでも強制的に解除できる方法がついに発見される - GIGAZINE

警察捜査においてiPhoneのロック解除に遺体の指が許可なく使用されていることが関係者からの証言で発覚 - GIGAZINE

電源をオフにしたiPhoneのマイクロフォンを使ってユーザーを盗聴&監視することが可能 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   メモ, Posted by logx_tm