ソフトウェア

ワールドカップ2018の優勝国をゴールドマン・サックスのAIが予想



投資銀行のゴールドマン・サックスが開発するAIによる、サッカーのFIFA 2018 World Cupの優勝チーム予想が公開されました。世界最大のスポーツイベントを使って、金融工学の世界で培われた数学的モデルの精度を披露するようです。

Goldman Sachs | Our Thinking
http://www.goldmansachs.com/our-thinking/pages/world-cup-2018/

ゴールドマン・サックスは、ワールドカップの開催年に世界最大のスポーツイベントが及ぼす経済への影響などを調査する報告書「The World Cup and Economics」を発行しており、2018年のロシア・ワールドカップで6回目となるそうです。報告書にはワールドカップに参加する31カ国の経済についての分析だけでなく、「一体、どの国が優勝するか?」についてAIを使った予想も出されています。

ゴールドマン・サックスによると、AIによる予想では20万の決定木を使って100万回ものシミュレーションを行ったとのこと。


その結果、AIがはじき出した優勝確率の最も高い国はブラジルで、2位以下はフランス、ドイツ、ポルトガルが続いています。トーナメントの位置関係から、決勝カードはブラジル対ドイツで、ブラジルがドイツを破って優勝するとの予想。なお、スペイン、アルゼンチンは準々決勝で敗退すると予想されています。


ちなみに、2014年に行われたブラジル大会でのゴールドマン・サックスの優勝国予想は以下のレポートで確認可能。

The World Cup and Economics 2014
(PDFファイル)http://www.goldmansachs.com/our-thinking/outlook/world-cup-and-economics-2014-folder/world-cup-economics-report.pdf

2014年のブラジル大会で、ゴールドマン・サックスは「開催国のブラジルがアルゼンチンを破って優勝する」と予想していましたが、現実にはブラジルを準決勝で破ったドイツがアルゼンチンを下して優勝しています。

・関連記事
Googleがビッグデータを解析してW杯を予測すると全試合的中、準々決勝も当ててしまうのか? - GIGAZINE

「サッカーファンは幸せになれない」という研究結果が発表される - GIGAZINE

ワールドカップにまつわる「誕生日のパラドックス」とワールドカップ出場選手の誕生月に関するお話 - GIGAZINE

2014FIFAワールドカップを控えた現在、ザックジャパンは海外メディアからこんな風に見られている - GIGAZINE

人工知能でサッカー・EURO 2016の試合勝敗を予想するとこうなる - GIGAZINE

「FIFA女子ワールドカップ2015」の勝敗をガチガチの統計的データ分析で予想/なでしこジャパンの行方は? - GIGAZINE

世界で最も価値のあるサッカークラブベスト20、楽天がスポンサー契約を結んだバルセロナは何位? - GIGAZINE

4000億円もの価値を持つサッカークラブとは?驚愕の収入源と買収を狙う投資家たちの存在も - GIGAZINE

世界一儲かるスポーツ?サッカークラブトップ20の合計年間収入は7900億円超、圧倒的な収入内訳がコレ - GIGAZINE

なぜアメリカがFIFAのスキャンダルを取り締まろうとしているのか、一体何が起きているのかまとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logv_to