サイエンス

ついに火星から有機物を発見したとNASAが発表



40年以上ににわたって火星での調査を続けたNASAが、ついに泥岩から採取された土壌から有機物を発見したと発表しました。有機物の発見は即座に生命体へと結びつくものではありませんが、生命探査の大きな一歩と言えます。

Organic matter preserved in 3-billion-year-old mudstones at Gale crater, Mars | Science
http://science.sciencemag.org/content/360/6393/1096

NASA Finds Ancient Organic Material, Mysterious Methane on Mars | NASA
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-finds-ancient-organic-material-mysterious-methane-on-mars

Finally, scientists have found intriguing organic molecules on Mars | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2018/06/finally-scientists-have-found-intriguing-organic-molecules-on-mars/

NASAによると、火星探査機・キュリオシティゲールと呼ばれるクレーターにある泥岩から採掘した土から、複数の有機物を発見したとのこと。この泥岩はかつて存在した湖の底で蓄積された泥から、約30億年という月日をかけて地表近くで形成されたものだといいます。この調査結果は、6月8日付けのjournal Scienceで発表されました。

発見された有機物は炭素・水素・酸素・窒素といった分子を含みます。一般的に有機物は生命体と関連づけられますが、生物学的でないプロセスによって作られることもあるため、今回の発見は必ずしも生命が存在したことを示すものではありません。

土壌の分析に使われたSample Analysis at Mars(SAM)


キュリオシティは2012年から火星の調査を行っており、2014年に研究チームは有機塩素化合物の発見を報告していますが、ローバーが地球に存在した時の残余物であるという可能性を排除しきれないでいました。

NASAのScience Mission Directorate副長官であるThomas Zurbuchen氏は「これらの新しい発見は、我々が火星にとどまり生命存在の証拠を求める調査を続けるべきであることを示しています」「現在行われているミッションが、火星でさらにあっと驚くような発見をすると、私は確信しています」と述べました。

これまでの研究から、2018年現在の火星表面は荒れ果てているものの、過去の気候は「水が存在しうるものだった」ことがわかっています。キュリオシティが集めたデータから数十億年前はゲール・クレーターの内側には湖があり、生命が存在するために必要なものがそろっていたのだということが示されました。


また、研究を率いたゴダード宇宙飛行センターのJen Eigenbrode氏は「火星の地表5cmから、火星が住める環境だった頃の有機物が見つかったということは、火星における分子化合物の物語を学べるよい兆候であるとともに、『さらに深く掘り進む』という未来のミッションを提示しています」と語りました。

また、研究者はキュリオシティのデータに基づきもう1つ論文を発表しています。2つ目の研究では、地球の6年に相当する火星の3年の中で、季節によってメタンが変化したことが示されました。データによると火星では夏にメタンが増え、春や秋にメタンが減少するという変化が繰り返されるとのこと。このメタンは岩石と水の科学反応から作られた可能性もありますが、かつて存在した微生物によって作られた可能性も否定できないそうです。

NASAは2020年に次世代型探査機の「マーズ2020」を火星に送り込む予定ですが、メタンの増減と有機物の発見という2つの調査結果は将来の調査に対する自信を科学者に与えたといいます。NASAの火星探査プログラムを率いるMichael Meyerさんは、火星における生命の存在について尋ねられたられたところ、「生命が存在するかはわかりませんが、この調査結果は、我々が火星探査を行う方向を間違えていないことを示しています」と語りました。

・関連記事
なぜ地球外生命体の発見が人類にとって喜ばしいものとは限らないのか? - GIGAZINE

オバマ大統領の宇宙観に影響を与えたSF作家が語る「中国が地球外生命体と最初に接触したら何が起こるのか?」 - GIGAZINE

人類は地球外生命体を宇宙のあちこちで探すべきなのか? - GIGAZINE

地球外生命体が発見されると人類に何が起こるのか? - GIGAZINE

地球の化石や石に残された痕跡から「地球の始まり」の姿や「地球外生命体」に対する新しい考え方がもたらされる - GIGAZINE

太陽系外から飛来した謎の天体「オウムアムア」は地球外生命体が作った宇宙船なのか? - GIGAZINE

宇宙人と人類は「言葉」によるコミュニケーションができるのか? - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa