ハードウェア

Appleが「Star」と名付けたARMプロセッサ搭載の新デバイスを開発中と報じられる

by Luke Wroblewski

世界中に多くのユーザーを持っているAppleは、台湾にあるPegatronの工場でiPhoneの製造の一部を行っています。そんなAppleの主要サプライヤーであるPegatronにおいて、Apple製新デバイスのプロトタイプが製造されていると報じられています。

Apple’s Star project could be an ARM-based touchscreen hybrid with LTE | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/05/25/apple-project-star-arm-details/

コードネーム「Star」と名付けられた新デバイスは、少なくとも2018年1月からプロトタイプの製造が行われており、台湾にあるAppleのパートナーPegatronの工場が製造を担当しているそうです。生産されたプロトタイプはApple本社でのテストを行うため、少数がApple本社のあるクパチーノに送られています。

Appleは2006年からMacでIntelのCPUプロセッサを使用し、iPhoneといったモバイルデバイスでは2010年からApple独自設計のプロセッサを使用しています。ところがAppleが開発中と報じられているStarは、ARMプロセッサを搭載する初めてのMacになる可能性があるとのこと。

Starの性能について詳しいことは判明していませんが、タッチスクリーン・SIMカードスロット・GPS・コンパス・耐水性を備え、MacのブートシステムであるEFIが動作することはわかっています。Starは2020年の出荷を目標にしているとのことで、iPhoneやMacといった既存のデバイスとは違うデバイスに分類される可能性もあると報じられています。

by Yutaka Tsutano

・関連記事
Appleが「2画面型折り畳みデバイス」の特許を取得、キーボードを有機ELディスプレイで代用する新型MacBookの可能性も - GIGAZINE

Appleが新たに折り畳みスマホの特許を出願していたことが判明 - GIGAZINE

Apple製品の平均寿命がわかるグラフが公開される - GIGAZINE

iPhone XおよびiPhone 8 Plusのカメラがスマートフォンの中ではベストの選択肢 - GIGAZINE

Appleの内部文書が公開され「iPhone 6/iPhone 6 Plusが曲がりやすい事実を発売前から知っていた」ことが明らかに - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1h_ik