「近年で最恐」と評判の高いサイコ・ホラー映画「Hereditary」予告編第2弾


サンダンス映画祭のプレミア上映を鑑賞した観客がSNSで「こんなに怖い映画みたことない」とつぶやくなど、「最恐のホラー映画」とうわさされる「Hereditary」。予告編を見ても隠された部分が多く、とにかく恐怖と焦燥に精神がすり減らされるものでしたが、予告編第2弾は謎がさらに深まるような印象を受けるもので、恐怖も一層深まっていました。

Hereditary | Charlie | Official Trailer 2 HD | A24


学校でペーパーテストが行われています。


手元に夢中でテストに取り組まないチャーリー。


先生からはテストを解くよう注意を受けます。


ちょうどその瞬間、窓に鳥のようなものがバンッと激突。教室は騒然とします。


しかしチャーリーは反応を見せず、不機嫌そうな顔。


チャーリーの母・アニーはセラピーのような集会に参加していました。


一家の家長だったアニーの母は1週間前に亡くなりました。


チャーリーにスポットを当てた今回の予告編では、怪しい行動とゾッとする言動をみせるチャーリーの不気味さが際立っています。「将来だれがわたしの世話をしてくれるの?」と問うチャーリーに、母であるアニーは「私が世話しないと思っているの?」と冗談交じりに問い返します。


チャーリーは「あなたが死んだ後のこと」と重ねて返しました。


「目の当たりにしたことを忘れたいほど恐ろしいモノが、あなたに襲いかかる」


チャーリーの机の上は、工作の道具などでいっぱいです。


兄・ピーターの寝室を訪れるチャーリー


車に乗せられどこかに連れて行かれるチャーリー


運転するアニーの顔には焦りと動揺がうかがえます。


夜遅くにとぼとぼと現れたチャーリーに、ピーターは「大丈夫か?」と問いかけます。


ペンチでなにかをねじ曲げるチャーリーに「やめて」と制止する声。


ベッドの上でボンヤリたたずむチャーリー。おびえたようにチャーリーの名前を呼ぶ声が連続します。


ドアをノックする影


うなされて布団の中でのたうち回っているのはアニーでしょうか。


学校の廊下を走る謎の光


寝ているところにたかる大量の虫


アニーの前で全身が炎に包まれているのは……?


机に思いっきり頭をぶつけ、おののくピーター。


無表情でカッと舌を鳴らすチャーリー


タイトルの「Hereditary(遺伝性)」が示すように、アニーには一家で継承する何らかの謎がありそうですが、その中身はまったく不明。とにかく不気味な雰囲気が漂う「Hereditary」は2018年6月8日全米公開予定。日本での公開予定は記事作成時点では不明です。

ちなみに、予告編第1弾はこんな感じでした。

Hereditary | Official Trailer HD | A24

・関連記事
子どもに襲いかかる邪悪なピエロ、スティーヴン・キング原作ホラー映画「IT-イット-」予告編第1弾がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

たった15秒で恐怖体験可能なホラームービー20選 - GIGAZINE

世界中で少年少女を次々と自殺に追い込んでいく謎の死のゲーム「青い鯨(Blue Whale)」とは? - GIGAZINE

ホラー小説を書くAI「Shelley」の物語が「驚くほどに怖い」と話題に、14万ものRedditの投稿から研究者らが開発 - GIGAZINE

ホラー映画の作曲家が作り出した悪夢の音を奏でる楽器「Apprehension Engine」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画,   映画, Posted by log1e_dh