×
試食

マクドナルドで期間限定の焼きたてベーコンが香るビッグマック「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」を食べてみた


マクドナルドで看板メニューのビッグマック生誕50周年を記念して期間限定のビッグマック「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」が2018年4月18日(水)に登場しました。「伝統の味に具材が加わってもこれはビッグマックなのか?」というマクドナルドの問いの答えを、実際に食べて確かめてみました。

「ビッグマック」生誕50周年記念! | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/bigmac/


マクドナルドに到着。


お店には「50年目の大事件」というフレーズで新しい両ビッグマックの登場を知らせる垂れ幕がかけられています。さっそく、「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」を注文します。


注文してから5分弱で「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」が到着。


「ビッグマック ベーコン」(税込450円)は、通常のビッグマックにお店でグリルしたベーコン2枚を追加したもの。


大きさを比較するため、右に通常のビッグマックを並べてみました。ベーコンなどが加わることでやや厚みが増しているのがわかります。


上のバンズとパティをどけると、こんがりとグリルされたベーコンが2枚挟まれていました。


パティ2枚のビッグマックは分厚く、片手で持ち上げるのはちょっと危険。


食べてみると牛肉100%使用のパティの味わいにベーコンのスモーキーな香りと塩気がプラスされて、こんなビッグマックもありと感じられる一品。期間限定メニューなのが惜しいぐらいです。ただし、ビッグマックから60円アップと言われると二の足を踏んでしまいます。


「ビッグマック ベーコン」にトマトのスライスを加えたのが「ビッグマック BLT」(税込490円)。


本家ビッグマックを並べるとやや高いのがわかります。


厚みが増した上に、増えたのが滑りやすいトマトということで、持ち上げの難度がさらにアップ。


「ビッグマック ベーコン」でベーコンの塩気が加わったところに、さらにトマトのみずみずしさと酸味が合わさります。ベーコン、レタス、トマトは「BLTサンド」として伝統の組み合わせなので文句なし。ビッグマックから100円アップすることを含めても良い組み合わせ。


「ビッグマック ベーコン」と「ビッグマック BLT」は2018年5月上旬まで提供予定の期間限定メニュー。一部店舗を除く全国のマクドナルドで食べることができます。

なお、マクドナルドではビッグマック生誕50周年を記念して、Twitterでビッグマックソースが当たるキャンペーンやコラボグッズの販売などを予定しているとのこと。詳しい内容は公式サイトをチェックしてください。

新ビッグマックやコラボグッズが登場!4月14日(土)から | McDonald's Japan
http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0411a/

・関連記事
世界で最も荘厳なマクドナルド「マクドナルド・インペリアル」に行ってきました - GIGAZINE

マクドナルドが冷凍でなく新鮮な肉から作ったハンバーガーを販売へ - GIGAZINE

マクドナルドが流体力学を駆使してストローを再発明した革新的製品「STRAW」を発表 - GIGAZINE

マクドナルドの店頭にいるドナルドの顔は国による違いがある - GIGAZINE

マクドナルドの強大帝国を作り上げているのはハンバーガー販売ビジネスだけではない - GIGAZINE

究極のジャンクフード「フライドポテトチーズバーガー」を作ってみたムービーが公開中 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log