ネットサービス

Gmailが新デザインに変更&新機能も続々追加されることが判明


ウェブ版のGmailが、記事作成時点から数週間以内に刷新される予定であることが、GoogleからG Suiteの管理者宛に送られたメールで明らかになりました。外観が新デザインに変更されるほか、「スマートリプライ機能」や「スヌーズ機能」、「オフラインサポート」などの機能が追加される予定であるとのことです。

Google to launch new Gmail design in the coming weeks - The Verge
https://www.theverge.com/2018/4/11/17224320/google-gmail-design-update-features

Google is about to launch a Gmail web redesign | TechCrunch
https://techcrunch.com/2018/04/11/google-is-about-to-launch-a-gmail-web-redesign/

Googleがメールに記載したウェブ版Gmailの変更点は、以下の5項目です。
・外観の変更
・Gmailから直接Googleカレンダーにアクセスする機能の追加
・スマートリプライ機能の追加
・スヌーズ機能の追加
・オフラインサポート


メールではウェブ版のGmailが、どのような外観になるかは触れられていません。しかし、Googleカレンダーが新デザインに移行したことと、Gmailからのアクセスが可能になるという変更点が挙げられていることから、Googleカレンダーのような外観デザインになることが予想されます。


スマートリプライ機能とは、受信したメールの内容に対し「返信案」をGmailが提示してくれる機能です。届いたメールに対して簡潔な返信のみで問題ない場合は、Gmailの返信案を選択するだけで簡単に返信できるようになるわけです。なお、この機能はモバイル版のGmailに搭載されており、既に使ったことのある人も多いはず。

By The Verge

またスヌーズ機能は、一度受信したメールを指定した時間の経過後に再度受信トレイに表示する機能です。手が離せないほど忙しい時間帯などに再通知の設定をしておけば、重要なメールへの返信を忘れるといったトラブル回避にも役立ちそうです。

なお、オフラインサポートの詳細は2018年6月までに発表するとあり、具体的な内容については触れられていません。しかし、GoogleはChrome Appsを徐々に廃止しウェブへの移行を進めていることから、ウェブ技術を使用した「オフラインでメールにアクセスする仕組み」を実装することが予想されています。

Googleの担当者によると「Gmailは現在メジャーアップデートに取り組んでいますが、まだ設計段階で発表できるものはありません」とのことで、現段階で詳細は確定していないようです。

・つづき
「新Gmail」リリース、受信メールのスヌーズ、自動消去メール作成、Googleカレンダーショートカットなどの新機能が満載だったので使ってみた - GIGAZINE


・関連記事
Gmailに届いたメールをエイリアスごとに自動でタグを付けて分類してくれるGoogle Apps Scriptを使ってみた - GIGAZINE

Googleが推進するウェブ高速化フレームワークのAMPが電子メールに対応、2018年後半にGmailにも導入へ - GIGAZINE

送ったメールを相手が開封したタイミングで通知してくれるChrome拡張機能「Mailcastr」を使ってみた - GIGAZINE

「YouTubeは違法に子どものデータを集めている」として消費者擁護団体がGoogleを告発へ - GIGAZINE

Googleがスマートフォン「Pixel」新機種としてミドルレンジモデルを2018年夏に発売予定 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1j_ty