人体で最大となる新たな「器官」が発見されたと研究者、ガンの転移に関連しているとも

by GMB Monkey

ニューヨーク大学メディカルスクールの病理学者らが2018年3月27日付けのScientific Reportsで、これまで「体中の皮膚の下にある密度の高い結合組織」だと思われていたものが、「液体を運ぶ」「衝撃を吸収する」という役目を持つ「器官」であることを発見したと発表しました。この発見は、人体への新しい理解を示すだけでなく、「なぜガンは特定のエリアで広まりやすいのか?」ということを説明するとのこと。

Structure and Distribution of an Unrecognized Interstitium in Human Tissues | Scientific Reports
https://www.nature.com/articles/s41598-018-23062-6

Newfound 'organ' had been missed by standard method for visualizing anatomy | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-03/nlh-nh032318.php

Scientists Just Discovered A New Human Organ, And It Could Have Huge Implications For How We Treat Cancer | IFLScience
http://www.iflscience.com/health-and-medicine/researchers-accidentally-discover-what-could-be-an-entirely-new-organ-in-the-human-body/

Scientists discover new organ that acts as a built-in shock absorber | Daily Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5551189/Scientists-discover-new-organ-spanning-ENTIRE-human-body-acts-built-shock-absorber.html

間質」と呼ばれる部分は、存在が確認されているものの、これまで器官であると認識されてきませんでした。間質は皮膚の下や、消化管・肺・動脈・静脈・筋肉など、体のさまざまな部分に存在します。人間の体は大量の液体を有しますが、そのうち半分は細胞内にあり、心臓、血管、リンパ節、リンパ管、と並んで、間質にも液体が含まれていることは、これまでの研究で明かされていました。


コラーゲンとエラスチンという2種類の結合組織タンパク質でできている間質は、これまでは化学処理して固定した状態で観察されていましたが、研究チームは共焦点レーザーエンドマイクロスコープと呼ばれる技術を使った高性能の顕微鏡で、ヒトの胆管の「生きた」健康な組織を蛍光液に浸して調べました。すると、これまで固体のように見えていた部分が、液体で満たされていることが観察できたといいます。間質の中では液体が流動し、リンパ系へと液体を運んでいるとのこと。また、間質が液体の「ハイウェイ」として機能するとすれば、ガンがどのように広まるかの理解を深め、病気の発見・治療に役立てることも可能であると研究チームは見ています。

器官の定義は「組織が集まり、特定の生理機能をいとなむ部分」です。研究者らは、間質が液体を運ぶ「ハイウェイ」として機能していること、そして組織が動いたり力を受けたりする部分では「衝撃吸収」という役目を持っていることから、このような機能は他に見られないとして、間質を「器官」であると主張しています。これまで「人体最大の器官」と考えられていたのは皮膚であり、体重の16%を占めていますが、間質が器官として認められれば、皮膚を越えて人体で最大の器官となるとのことです。

by Samuel Zeller

ただし、この現象が体の他の部分でも見られるのかどうかなどは、さらなる研究を必要とするところ。間質が「器官」と位置づけられるかどうかについても検討が必要とのことです。

・関連記事
人体から新たな「臓器」が見つかる - GIGAZINE

人体がいかに驚きに満ちているのかを3分のムービーで解説 - GIGAZINE

人間と羊のハイブリッドが糖尿病治療や臓器移植にとっての光となるか? - GIGAZINE

豚や羊の中で人間の臓器を作る「キメラ技術」とは? - GIGAZINE

人間が失った人体パーツを自力再生できる可能性 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa