メモ

人は一生でどのくらいのうんちをするのか?をイラストで解説するとこうなる


人が一度に排せつするうんちの量は、年齢・体重・食生活・運動量といったさまざまな要素に左右されますが、過去の研究から人が排せつする速度や一度にするうんちの平均的な量などが割り出されています。これらの情報をもとに「人は生涯でどのくらいのうんちをするのか?」というインフォグラフィックが公開されており、途方のない量のうんちを人が排せつしていることがよくわかります。

How Much Do You Poop in Your Lifetime?
https://www.livescience.com/61966-how-much-you-poop-in-lifetime.html

カリフォルニア大学の研究生理学者であるKim Barrett氏によると、人の大便は70%が固体で30%が液体とのこと。排便の習慣には個人差がありますが、平均すると、男女共に1日1回で、1日平均400~500gのうんちを出すそうです。さらに、研究者らは、これまでの調査で、人間がうんちをする一般的な速度は秒速2cmであることも突き止めています。排せつを行う時間は1度につき12秒で、これは、サイズを問わず多くの動物に共通する点だといいます。

そんな人間のうんち情報をひとまとめにしたインフォグラフィックがコレ。


まず、大人が1日に排せつするうんちの量は平均して400~500g、これは1年で換算すると142kgに相当します。142kgという重さはパンダ1頭分だそうです。


健康な人のうんちは7割が固体で3割が液体。


もしあなたが21歳ならこれまでに2972kgのうんちを排せつしたことになり、65歳なら9199kg、83歳なら1万1746kgつまり11トン以上もうんちを排せつしたことを意味します。アフリカ象の体重は6000kgほどなので、アフリカ象約2頭分という、すざまじい量の便を排出してきたわけです。


地球上の人間が1年で排せつするうんちの量は、約2900億kgに相当するとのこと。


人間が排せつするうんちが直接的な問題になっている場所もあります。アラスカ州のデナリ国立公園では1951年から2012年の間に6万9000~9万8000kgのうんちが残されたことから規制が行われました。また、45億人近くの人が家庭用トイレを有しておらず、2億トン以上の排せつ物が適切に処理されないままとなっています。発展途上国の汚水の90%以上は直接、海・湖・川などに流されており、これらの汚水から飲料水を得る人も多いため、病気のまん延に結び付くとして、適切な排せつ物の処理と安全な飲料水の確保が求められています。

・関連記事
18金製できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋さんが本気で作るとこうなる、衝撃の実物はこんな感じ - GIGAZINE

なぜ犬は自分のうんちを食べる「ふん食家」になってしまうのか? - GIGAZINE

「うんち」を使ってペンギンは雪を溶かしている - GIGAZINE

自分以外の糞便を腸内に移植すると下痢の93%が治ることが確認される - GIGAZINE

野菜の糖を食べるバクテリアでわかった「良い」バクテリアが腸内健康を促進するメカニズム - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa