迫り来る女の子たちを眼力で狙い撃ってメロメロにする「ぎゃる☆がん2」は予想以上に本格的なガンシューティングゲームでした


「眼力で女の子を昇天させる眼(ガン)シューティング」と銘打つ、異色のガンシューティングゲームのシリーズ最新作「ぎゃる☆がん2」がPlayStation 4とNintendo Switchで2018年3月15日から配信されています。制服に身を包む美少女とガンシューティングの2つを組み合わせると果たしてどんなゲームになるのか、そしてNintendo Switchではどんな感じになっているのかめちゃくちゃ気になったので、実際にNintendo Switch版をプレイしてみました。

ぎゃる☆がん2
http://www.galgun.com/2/


Nintendo Switch|ダウンロード購入|ぎゃる☆がん2
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000001453


眼(ガン)シューティングゲームというジャンルを自称する「ぎゃる☆がん2」とは一体どんなゲームなのかは、以下のムービーを見るとよく分かります。

Nintendo Switch「ぎゃる☆がん2」を実際にプレイしてみた - YouTube


「ぎゃる☆がん2」のストーリーはこんな感じ。主人公の元に突然謎のVRゴーグルとドライヤーのような形をした「デビルスイーパー」が届けられます。不思議に思った主人公がとりあえずVRゴーグルをかぶってみると……


目の前に天使を名乗る美少女、リース(声:木村千咲)が出現。主人公はどうやら悪魔を退治する勇者として選ばれてしまったようです。


悪魔はなんと学校の女の子たちにとりついてしまっているようで、主人公はフェロモンショット(眼力)を発射して、悪魔をやっつけるお手伝いをすることになりました。。しかも、ゴーグルは悪魔を一定数退治しないと外れないらしく、さらに副作用で主人公は女の子にモテまくる体質になってしまうとのこと。


学校で女の子にいたずらしまくっているのは前作「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」から登場している悪魔くろな(声:藤田彩)でした。


そんなわけで、主人公は悪魔払いのお手伝いをします。ゴーグルの副作用で主人公にほれてしまった女の子が、こっちをめがけて一心不乱に走ってきます。中央に表示されている青い円の照準を女の子に合わせて……


Aボタンを押すとフェロモンショットで女の子を撃つことができます。照準は方向キーで合わせることもできますが、Nintendo SwitchのJoy-Conによるジャイロ操作で照準を操作することも可能です。フェロモンショットを数発撃ち込めば、女の子はハートマークをまき散らしながらその場に倒れ込みます。リロードは不要で、ボタンを押せばいくらでもフェロモンショットを撃つことができます。


女の子たちにはそれぞれ名前と弱点が決まっています。弱点は女の子の頭・胸・腰・足の4部分のどれかで、照準を合わせると「ハッ!!」「ドキッ!」などの文字が表示されることでどこが弱点かが判明します。


弱点を撃ち抜いた場合は「Ecstasy Shot」となり、フェロモンショット1発で女の子を倒すことが可能です。


一人称視点ではありますが、ジャンルはいわゆるファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)ではなく、ガンシューティングゲームになります。プレイヤーは任意に移動するのではなく、ステージが一段落すると指定された場所に移動します。以下の画像のように、一通り女の子を倒すと表示される青い人影を撃つと……


教壇の陰に移動します。女の子がいるようですが教壇に隠れて見えません。


しかし、左右にのぞきこんだり、背伸びやしゃがみを駆使することで、障害物の向こうにいる女の子を撃つことが可能です。


基本的に女の子は主人公に近づいてきますが、中には遠くから動かない女の子もいます。


しかし無害そうだからとながめていると、主人公に向かって叫んだ言葉がそのまま弾となってこちらに飛んでくるので注意が必要です。


言葉は撃てば消えますが、1つだけある赤い字を撃てば一度に全て消えます。


さらに遠くにいる女の子は、ズームをかけて狙撃することも可能。ズームをかけてカーソルを合わせると「ビクッ!」という文字が表示されて、女の子のおなかが弱点だと分かります。


ズーム狙撃でEcstasy Shotをお見舞いすることができました。


中には悪魔にとりつかれている女の子もいます。悪魔にとりつかれている女の子はフェロモンショットで撃たれても跳ね返すスーパーアーマー状態になってしまいます。女の子を倒すためには、女の子の体にくっついている悪魔を1匹ずつ撃ち抜く必要があります。以下の画像の場合、頭と肩についている3匹を素早く撃つことで、女の子の体からはがさなければなりません。


3匹全て撃ち抜くと、悪魔は無事女の子からはがれてアーマーが外れます。


あとはフェロモンショットを撃ちまくれば、女の子は見事メロメロになってその場に倒れます。


女の子からはがした悪魔たちはそのままフェロモンショットで数発撃てば消滅しますが、「デビルスイーパー」で吸い込むこともできます。


デビルスイーパーは非常に強力で、ストーリーを進めればパワーアップさせることも可能です。


もちろんパワーアップしても変わらない吸引力で、悪魔や衣服を吸い込んでくれます。


なお、悪魔がついている女の子は攻撃力がパワーアップしていて、「足が臭い」など、プレイヤーが傷ついてしまうような言葉を撃ってくることもあるので、優先的に倒すのがおすすめです。


女の子は言葉による遠距離射撃だけではなく、近接攻撃もしてきます。例えば以下の画像の真ん中の子は近接攻撃として主人公にラブレターを差し出しています。


また、より接近されると、抱きつかれてタックルをされ、押し倒されてしまうことも。押し倒されてしまった場合はとにかく女の子にフェロモンショットを撃ち込んで、はやく離れてもらうしかありません。


例えば以下のムービーでは、悪魔にとりつかれた女教師が主人公に押し倒し攻撃をしかける様子を見ることができます。押し倒し攻撃は複数のパターンがありますが、どれもかなり強力で、プレイヤーもなかなか抜け出せないほどの威力があります。

Nintendo Switch「ぎゃる☆がん2」で敵から押し倒し攻撃を受けてしまうとこんな感じ - YouTube


また、攻撃を受けると視界が少しずつピンクから赤色に染まっていく仕様で、まるで海外のFPSのような演出となっています。


やられすぎるともちろんゲームオーバーとなってしまいますが、ステージのリトライポイントからやり直しできるという親切設計となっています。実際にやられてゲームオーバーになってしまった様子は、以下のムービーで見ることができます。

Nintendo Switch「ぎゃる☆がん2」で惜しくもゲームオーバーになってしまうとこんな感じ - YouTube


ステージにはメインクエストとフリークエストがあり、メインクエストはストーリーを進める内容となっています。一方、フリークエストはストーリーと直接関係はありませんが、クリアするとアイテムや女の子の連絡先をゲットすることができます。


1日にクエストは2つまで受けることができ、1日が終わると自分の部屋に戻ります。ここでは好きな行動を選ぶことができ、「隣の部屋を覗く」を選択すると……


隣に住んでいる近藤ちる(声:松田利冴)と会話することができます。


また、教室では幼なじみの玉前なな子(声:谷口夢奈)とも会話できます。ちるやなな子とは会話するだけではなく、お菓子をあげることで好感度をUPできる模様。


お菓子はクエストのクリア報酬でもらえるだけでなく、天界から粗品という形でもらえることも。


また、フリークエストのクリア報酬で女の子の連絡先をゲットしたら……


女の子を好きな場所に呼び出すことができます。


屋上に呼び出したところ。ここでは女の子のまわりをぐるぐる移動したり、近づいたりすることができます。


また好きなポーズやアクションを取らせることができるので、ステージに女の子が出てきた時のイメージトレーニングも可能です。


なお、女の子を呼び出した場合のメニューには「妄想する」というモードもありました。これが一体どういったモードなのかは、ぜひ自分でプレイして確かめてみてください。


実際に「ぎゃる☆がん2」をプレイしてみると、「女の子をフェロモンショット(眼力)で撃つ」というコンセプトなのでもちろんお色気要素も強いのですが、「障害物からのぞきこんで撃てる」「ダメージに応じて画面が変化する」「相手の距離に応じてズームによる狙撃ができる」「ただ撃つだけではなく相手の弱点部位を考える」「場合によっては精度の高い射撃も要求される」など、ガンシューティングゲームとしてもよくできているといった印象。また敵を撃ったときの音や振動も楽しく、爽快感があります。

同じシリーズの「ぎゃる☆がんVR」をプレイしたことがある編集部員にも遊んでもらったところ、「スティックとジャイロ操作を組み合わせた操作で、女の子へ感覚的に狙いを定めることができて楽しい。声優が豪華なのでキャラクターの声やセリフにも耳を傾けて、お気に入りのキャラを探しながら女の子を撃退していくのもアリ」という意見も得られました。

また、なぜかサイバーコネクトツーの代表取締役である松山洋さんにプレイしてもらっているムービーが公式によりアップロードされているので、参考にするのもよさげです。

【公式】ぎゃる☆がん2 あの人が遊んでみた!!第三回 サイバーコネクトツー 代表取締役・松山洋さん - YouTube


Nintendo Switch版「ぎゃる☆がん2」は2018年3月15日から、ダウンロード版が税込7538円で配信されています。また記事作成時点では、パッケージ版の通常版は税込6155円で、設定資料集・ドラマCDがついた限定版は税込8817円で、Amazon.co.jpの以下のリンクから入手が可能です。

Amazon | ぎゃる☆がん2 通常版 - Switch | ゲーム


Amazon | ぎゃる☆がん2 限定版 (【特典】ドラマCD・ミニ設定資料集 &【初回封入特典】DLC衣装「破れすぎたスクール水着」のダウンロードコード同梱) - Switch | ゲーム

・関連記事
倒されても倒されても繰り返しダンジョンに挑み脱出を目指すNintendo Switch「ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮」レビュー - GIGAZINE

新旧マリオの良いとこ取りな「スーパーマリオ オデッセイ」で初心者も上級者も楽しめる圧巻クオリティに感動した - GIGAZINE

みんなで食材を切って焼いて煮込んで料理を作りまくり世界の危機を救うアクションパズル「Overcooked - オーバークック スペシャルエディション」プレイレビュー - GIGAZINE

超高い難易度と中毒性を誇るディフェンスゲーム「Kingdom:New Lands」をNintendo Switchで遊んでみた - GIGAZINE

23年ぶりに登場したマニアが作った渾身の2Dクラシックソニック「ソニックマニア」プレイレビュー - GIGAZINE

Nintendo Switchでプログラミングそのものがパズルと化す「ヒューマン・リソース・マシーン」日本語版でデスマーチ回避にトライしてみた - GIGAZINE

in レビュー,   ゲーム, Posted by log1i_yk