iPhoneの2019年モデルではついに画面上部の「ノッチ」が消滅する可能性


iPhone Xの画面上部にある凹み、または出っ張りの「ノッチ」は多くの人々の関心を集めており、形状を利用したクリエイティブな使い方が示される一方でノッチを消すためのアプリがリリースされるなど、良くも悪くもこの端末を特徴付けているものといえます。しかしAppleはこのノッチをあまり快くは思っていないようで、2019年に登場するiPhoneではこのノッチを完全になくすための対策が取られていると報じられています。

Apple Decides to Get Rid of ‘Notch’ Design from Its New iPhones 대한민국 IT포털의 중심! 이티뉴스
http://english.etnews.com/20180307200001

Apple reportedly still hasn't given up on its 100% fullscreen iPhone dream
http://www.idownloadblog.com/2018/03/07/2019-iphone-no-notch/

韓国のIT系メディアであるetnewsが報じた内容によると、AppleはiPhone X登場から2年後にあたる2019年に発表するiPhoneにおいて、ノッチを廃止して完全に画面が本体前面を覆う端末の実現に向けた開発を行っているとのこと。etnewsは関係者の証言として「Appleは2019年以降のモデルからはノッチを排除することを決め、関係各社との話し合いを進めています。Appleは、新しいiPhoneを完全なフルスクリーン端末にする方針を立てているようです」というコメントを掲載しています。

ただし、これを実現するためには、物理的に配置しなければならないFace ID用のセンサー類の画期的な扱い方が求められることになります。iPhone Xの上部にはFaceTimeカメラや受話スピーカーのほかにFace ID用の赤外線カメラや投光イルミネーター、ドットプロジェクタなどいくつものデバイスが内蔵されています。技術革新によってこれらを統合したとしても、何らかの方法で赤外線ドットを照射して顔の凹凸を読み取るための装置を配置する必要があります。


etnewsはこの解決策として、「画面に小さな穴を開けてデバイスを配置する」という方法と、「ブラックマトリクス」と呼ばれる構造を用いる方法を挙げています。

今回話題になっているのは2019年に登場するモデルについてのディスプレイですが、それよりも1年早く登場する2018年モデルのiPhoneは合計で3機種になると予測されており、いずれの機種もFace IDを搭載すると予測されています。しかし、基本的には画面のノッチは残されたままになるとみられています。

2018年秋登場がウワサされるApple史上最大サイズの「新型iPhone」情報まとめ - GIGAZINE

・関連記事
「iPhone X」速攻フォトレビュー、全てが新しく生まれ変わったiPhoneはこんな感じ - GIGAZINE

iPhone Xのディスプレイにある出っ張り部分にクリエイティブな適応をみせるデベロッパーたちのアイデアが面白い - GIGAZINE

iPhone Xの凹部分を消すアプリ「Notch Remover」を使ってみた - GIGAZINE

「iPhone Xの抱える問題点」をAppleの創業者スティーブ・ウォズニアックが指摘 - GIGAZINE

2018年のiPhoneは全モデルがiPhone Xライクな全画面モデルでバッテリー容量増という予想 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logx_tm