130年以上昔にボトルに入れて流した手紙が発見される


西オーストラリア州の浜辺近くにある砂丘を散策していたトーニャ・イルマンさんは、1本の古いボトルを見つけました。ボトルの中を開けると中には濡れた紙が入っていたそうで、家に帰り、オーブンを使って乾燥させたところ、これは遠い昔に瓶に入れて流された手紙であることが明らかになりました。その後、専門家に鑑定してもらったところ、この手紙はなんと130年以上前にドイツの船から流された手紙であることが判明しています。

Oldest message in a bottle found on Western Australia beach - BBC News
http://www.bbc.com/news/world-australia-43299283

132 year old message in a bottle found on WA beach | Western Australian Museum
http://museum.wa.gov.au/about/latest-news/132-year-old-message-bottle-found-on-wa-beach

専門家によると、トーニャ・イルマンさんが偶然発見した瓶の中には1886年6月12日付の紙幣が入っており、ドイツ海軍天文台が海上輸送ルート上で行っていた実験の一環としてドイツ船「ポーラ」から海に投げ入れられたものだそうです。これまで「瓶に入った手紙」の中で「瓶に入れられてから開けられるまでの期間」が最も長かったのが「108年」であったため、西オーストラリア州で新しく発見されたものは新たにギネス世界記録に認定される可能性が高いです。


トーニャ・イルマンさんと夫のキム・イルマンさんは2018年1月21日に西オーストラリア州ウェッジ島の北にあるビーチを自動車で走っていたそうです。タイヤがビーチの砂に足を取られてしまったため、イルマン夫婦とその息子およびガールフレンドは皆で自動車を置いて散歩に出かけることに決めます。キムさんはBBCのインタビューで、「トーニャは地面にたくさんゴミが落ちているのを見て、ゴミを拾おうと考えていたんだ」と瓶を発見したときのことを振り返っています。

そして、ゴミ拾いの中でちょうど本棚に飾るのに良さげな瓶をトーニャさんが見つけます。トーニャさんはボトルを息子のガールフレンドに渡したそうで、するとガールフレンドが瓶の中に巻きたばこのような物体を発見します。トーニャさんはさっそく瓶の砂を落として中から紙のような物体を取りだし、この紙の周りに巻き付いていた糸をほどこうとします。しかし、紙は水を吸ってかなり破けやすい状態になっていたため、瓶ごといったん家に持ち帰り、紙をオーブンに5分間ほど入れて水分を飛ばしたそうです。


この時点では紙にインクなどはほとんど見えない状態だったそうですが、瓶の中には「手紙を見つけたらドイツ領事館に連絡するように」と印刷されたカードが一緒に入っており、さらに「1886年6月12日」の日付と船の名前がかすかに読み取れ、瓶と手紙が遠い昔に海に流されたものであることがわかったそうです。キムさんは「あまりにも昔のものだ」とは思ったものの、インターネットで調べて西オーストラリア博物館の専門家のもとへ瓶を持っていくことに決めます。

この西オーストラリア博物館で働くロス・アンダーソン博士は、ドイツやオランダの専門家と協議した結果、瓶が本物の「132年前のもの」であると判断します。「信じられないことにドイツのアーカイブ検索では、ポーラの当時の気象情報などが記された航海日誌が見つかり、1886年6月12日に船長が船上から瓶を海に投げ入れたことや、その日付・座標まで明らかになっています」とアンダーソン博士は語ります。

以下の画像は左が瓶の中に入っていた手紙に書かれていたメモで、右がポーラの航海日誌に書かれていたメモ。1番上が船名の「Paula(ポーラ)」で、その下が当時のポーラの出発地である「Cardiff(カーディフ)」。


専門家たちは、「船はウェールズのカーディフからインドネシアに向かう途中のインド洋南東部で瓶を投入。瓶は12か月以内にオーストラリア沿岸に漂着し、砂の下に埋もれていた可能性が高い」としています。

ドイツは69年間にわたって手紙を入れた瓶を船から海に投げ入れる実験を行っており、その間なんと数千本もの瓶を投棄しています。これまで発見された瓶は662本で、最近発見された瓶は1934年にデンマークで発見されたものでした。ウェッジ島で発見された瓶はコルクなどの栓が閉まっていない状態で発見されており、中には湿った砂が大量に入っていたそうです。

なお、イルマン夫婦は発見した瓶および手紙を西オーストラリア博物館に2年間貸し出す予定で、2018年3月から博物館内で一般展示されます。

・関連記事
100年以上も見知らぬ他人同士を結び付けてきた世界で最もロマンチックな郵便箱「花婿のカシ」 - GIGAZINE

7歳の女の子がGoogleのCEOに「Googleで働きたい!」と手紙、届いた返事の内容は? - GIGAZINE

小学1年生の女の子がサンタに願ったプレゼントが切ない - GIGAZINE

紙飛行機の形にデザインされた封筒セット「flying letter」 - GIGAZINE

出した手紙をバラバラにする、デストロイヤーなポストを使ったイタズラのムービー - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii