×
メモ

「ウェブサイトの広告を表示させるか仮想通貨マイニングを手伝うか」と読者に選択させるサイトが登場


ウェブサイトを開いたときに表示される広告は、そのサイトの収入源となって運営のための資金を生み出してくれるものですが、ブラウザの拡張機能である広告ブロッカーによってその収入が断たれてしまうのはサイト運営者にとって大きな悩み事です。そのための対策として「広告ブロックを無効にしていただけると助かります」などのメッセージを表示させるサイトが増えてきていますが、あるメディアは「広告を表示するか、かわりに仮想通貨のマイニングに協力するか」というチョイスを読者にゆだねるという対策をとっています。

Salon magazine mines crypto-cash with readers' PCs - BBC News
http://www.bbc.com/news/technology-43053783

この手法を導入したのは、アメリカのメディアSalonです。記事作成時点でアクセスした際には確認できませんでしたが、ブラウザの広告ブロッカーをオンにした状態でページを開いたときにメッセージが表示され、「記事を閲覧するには広告を表示するか、閲覧しているPCの余っているCPUパワーを使わせるか」というチョイスを読者に選ばせる状態になっていたとのこと。

その画面というのがコレ。「広告ブロッカーをお使いのようです」という見出しの下には「当サイトでは記事をお届けするために広告を表示しています。今後も楽しんでいただける記事作りを続けられるように、広告ブロッカーを無効にしていただけると幸いです」という旨のメッセージが表示され、その下には「OK、無効にします」というボタンと、注目すべき「広告を抑制する」というベータ版のボタンが並んでいます。そのボタンの横には「あなたのPCで余っているパワーをSalonに使わせることで広告をブロックする」という説明が書かれています。


この試みは「ベータ版」として導入されていたもので、読者に「広告収入が得られるようにしてもらうか、もしくはあなたのPCで私たちに仮想通貨をマイニングさせてください」という選択を迫ることで収入源を確保しようというもの。Salonではあらかじめ読者に「私たちはあなたのPCで余っている処理能力の数%を使わせてもらうことで、新たな技術的発見と進化、イノベーションを起こします」という説明をして納得を得た状態で選択させていたとのこと。

仮想通貨のマイニングを選択したユーザーのPCにはJavaScriptがダウンロードされ、すぐに仮想通貨「Monero」のマイニングが始まります。この仕組みは、仮想通貨マイニングサービス「CoinHive」の仕組みを利用したもので、他人のPCにマイニングの処理を分散化して得られた結果をゲットするというもの。それ自体は問題のあるものではありませんが、過去には世界各国の政府系のサイトにこの仕組みが仕込まれて、閲覧者がマイニングの肩代わりをさせられるという事件も起こっていました。

4000以上の政府系サイトで閲覧者に対して仮想通貨マイニングを行わせるスクリプトが埋め込まれていたことが判明 - GIGAZINE


また、同様の試みを、人気トレントサイト「The Pirate Bay」(パイレート・ベイ)が取り入れていたことがありましたが、こちらは読者に無断でCPUパワーを占有していたことで賛否が分かれる事態を引き起こしていました。

人気サイトがアクセス数の多さを利用し閲覧者のCPUパワーで仮想通貨マイニング、広告に代わる収入源になるか? - GIGAZINE


今回のSalonは事前に読者の了承を得た上でマイニングさせているため、その行為自体に問題はありませんが、実際にマイニングの手助けをしてみた専門家によると、多くの処理パワーがマイニングに割かれる状況に陥ったとのこと。セキュリティ専門家のTroy Mursch氏が実際に試してみたところ、「全てのCPUパワーがマイニングに取られてしまいました。PCは動作が重くなり、熱くなってきたので、ウェブサイトを閲覧するにも一苦労の状態でした」とその状況を語っていました。

・関連記事
仮想通貨マイニングに特化した「ASIC」の世界で激しい戦争が起こっていると仮想通貨「Monero」運営者が明かす - GIGAZINE

人気サイトがアクセス数の多さを利用し閲覧者のCPUパワーで仮想通貨マイニング、広告に代わる収入源になるか? - GIGAZINE

4000以上の政府系サイトで閲覧者に対して仮想通貨マイニングを行わせるスクリプトが埋め込まれていたことが判明 - GIGAZINE

ウェブサイト訪問者のPCリソースを秘密裏に借り受けてブラウザを閉じても仮想通貨をマイニングし続ける手法が見つかる - GIGAZINE

スティーブ・ウォズニアックの「ビットコインはゴールドや米ドルよりもいい」という発言の意味とは? - GIGAZINE

ビットコインなど仮想通貨への投資市場の過熱を風刺するアニメーションが公開中 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logx_tm