×
セキュリティ

Androidの次期OS「Android P」はスパイアプリが無断でカメラ&マイクを起動するのを防ぐ

by Esther Vargas

「Android P」はAndroid Oreo(Android 8.0、8.1)に続くバージョン9.0に該当する次期OSで、現在開発が進められているとされています。Android Pにどのような機能が搭載されるのかについての情報も少しずつ判明してきていますが、「アプリがユーザーの許可を取らずにスマホのカメラやマイクにアクセスし、ユーザーのプライバシーを盗むことを防ぐ『スパイアプリ妨害機能』が搭載されるのではないか」との見方が強まっています。

Android P will Prevent Background Apps from Accessing the Camera
https://www.xda-developers.com/android-p-background-apps-camera/

Android P will also Prevent Idle Background Apps from Recording you via Microphone
https://www.xda-developers.com/android-p-audio-recording-limitations-privacy/

スマートフォンのアプリにはカメラやマイク機能を使うものがあり、一般的にスマートフォンのカメラやマイクにアクセスするアプリはユーザーの許可を必要とし、アプリを使っていない時でも勝手に起動することはありません。しかし、もしバックグラウンドのアプリが勝手にカメラやマイクにアクセスし、ユーザーの個人情報を盗み取ろうとする悪質なアプリ開発者がいた場合、ユーザーがそれに気づいて対策を取ることは非常に困難です。事実上、ユーザーは「このアプリは多分大丈夫だろう」という信頼によって、アプリがプライバシーを盗み取っていないと信じることしかできません。

Android Pではこの問題を解決するべく、バックグラウンドのアプリがユーザーの許可なくカメラやマイクにアクセスすることができない仕様になる見通し。これはAndroid Open Source Projectにより公開されたソースコードにより判明したもので、インストールしたアプリに個別の識別子を割り当て、バックグラウンドのアプリからカメラやマイクにアクセスするのを防ぐという仕組みになっています。

by vagueonthehow

Androidでは大量のマルウェア入りアプリが開発されるなど、セキュリティ面での向上が望まれていましたが、今回のカメラ・マイクへのアクセス制限はその期待に応えるもの。Android Pの新仕様によりスパイアプリの不正なカメラやマイクへのアクセスが妨害されれば、カメラの映像や音声データを不正に送信する多くのスパイアプリが役に立たなくなると思われます。

・関連記事
スパイウェアが保存していた1TBの写真や個人情報などをハッカーがサーバーに侵入して削除 - GIGAZINE

AppleはiPhoneを売るために中国ユーザーのiCloud全データを中国政府に差し出す - GIGAZINE

2016年リリースのAndroid 7「Nougat」が2018年1月の時点で最も多く使われているAndroid OSだったことが判明 - GIGAZINE

OSバージョンアップから取り残された「時代遅れのAndroid端末」がどれくらい動いているのかがグラフで明らかに - GIGAZINE

Android 8.1でWi-Fiスポットの通信速度が接続前に表示されるように - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by log1h_ik