春画の名作「葛飾北斎作 蛸と海女」を立体化、歴史的名画を立体造形表現として追求


葛飾北斎による1820年頃の艶本「喜能会之故真通」(きのえのこまつ)の中の木版画の一枚として有名なあの名作「蛸と海女」を海洋堂が立体化してしまったことをワンフェス2018[冬]の会場内で察知、速攻で撮影しに行ってきました。

海洋堂ブースで『海洋堂発、世界初。フィギュアで蘇る奥深き歴史的名画「春画」』と書いてあるものを発見


しかし実物はここにはなく、nativeブースまでいく必要があるとのこと。


そんなわけで移動。ここがnativeブースです。


歴史的名画をもとにした「葛飾北斎作 蛸と海女」を発見


このようにして立体化に成功した模様


これが実物


小さいバージョン


大きいバージョン


春画を非常にうまく再現したことがわかります


タコもちゃんとタコ


立体造形物なので、春画とは違う角度から見ることも可能


逆サイドから見るとこうなります


原型制作はMUSHIBUCHI、発売時期未定・価格未定となっています


なお、このタコは吸盤がきれいに並んでいるので「メス」ではないかとまことしやかに言われています。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

タコっぽい触手が体のあちこちに巻き付いているように見える「OctopusME」 - GIGAZINE

タコは小さな「街」を造り集団で社会的に暮らす - GIGAZINE

in ピックアップ,   取材,   アート, Posted by darkhorse