取材

クソアニメの金字塔を打ち立てた「ポプテピピック」、丸太を持って「応ッ!!!」と叫び立体化


ポプテピピックといえば「30分で2回同じ映像を流す世界最速再放送」「毎週声優が替わり続けてキャストがすごいことに」などアクセル全開で突っ走るアニメが2018年1月より放送されていますが、ワンダーフェスティバル 2018[冬]にも立体化して登場してしまいました。

ボークスのブースの一角にポプテピピックのコーナーがありました。


左は飛びかかろうとするポプ子をピピ美が抑えてくれる1コマ。ピピ美が立体化して立ちふさがっています。


右は「なんでも差し出す ポプテピピック」というコマ。こちらではポプ子が立体化しています。


丸太を持って「応ッ!!!」というシーン。


原作マンガでは下の画像のようなコマでした。再現度はかなり高いです。


これは松本光司のマンガ「彼岸島」のパロディ。ホラー漫画だったはずなのですが、かなり重いはずの丸太を登場人物たちが軽々と振り回す姿がシュールな笑いを誘いました。


なお、原型製作は造形村、会場限定販売で価格は税別3500円となっていました。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2018[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「ポプテピピックCafe in SWEETS PARADISE」全メニュー制覇レポート、「竹書房ワッフル」や緑一色の「あー一面クソミドリパスタ」などインパクト大のメニュー揃い - GIGAZINE

あの「ポプテピピック」の名シーンが現実世界で再現可能な「ポプ子&ピピ美セット」 - GIGAZINE

ディズニーすら恐れないエクアドルの道端に置かれたゴミ箱がシュール - GIGAZINE

in 取材,   マンガ,   アニメ, Posted by log1d_ts