ハードウェア

アメリカ海軍が軍艦にレールガンを搭載した中国に対抗するため約160億円の巨大レーザーキャノンを購入


アメリカ海軍は約1億5000万ドル(約160億円)を支払って、ロッキード・マーティンのレーザー砲を2基購入しました。1基は陸上での試験用、もう1基は2020年初頭にアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦に搭載される予定とのことです。当初はここまで急いで契約することはなかったようですが、中国が軍艦にレールガンを搭載して開発を進めている可能性を考慮し、早急に軍備を増強すべく、実用化に難航しているレールガンではなく、レーザー砲の配備に方針を変更したようです。

The US Navy Bought Its First Big Laser Cannon - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/neqvag/the-us-navy-bought-its-first-big-laser-cannon

契約したとされるレーザー砲は1回の射撃につき150kwの電力を消費します。この出力はボートや無人航空機(UAV)を破壊するのに十分な威力を持っているとのこと。さらに出力を300kwに上げることも計画されており、これが実現すれば、射程範囲が広がることはもちろん、威力も増強されるので、高速で移動するミサイルが目的地に到達する前に撃墜できる可能性も考えられるようになるとしています。そして、現在配備されているミサイル発射装置や艦砲と比較すると、レーザー砲を1回発射することにかかる時間や費用も抑えられるようです。

By National Museum of U.S. Navy.

アメリカ海軍は、駆逐艦に搭載可能なレーザー兵器の入札を開始してから、1年もたたない1月26日に指向性エネルギー兵器の購入を発表しました。アメリカ海軍の契約を早めたのは、数日前に長江の港にある中国軍艦のデッキにレールガンのプロトタイプに見える写真が出回ったことが要因の1つとされており、急速に力を強めつつある中国の艦隊に対して、コストパフォーマンスの高いレーザー砲を配備することで、アメリカ海軍が同等以上の戦力を有していることをアピールする狙いがあるとのことです。

By Office of Naval Research

レールガンとレーザー砲は、仕組みなど多くの点で異なるものの、共通点の多い兵器とも言われています。これは、どちらも火薬ではなく電力に頼っており、従来の兵器よりも早く動作する特徴があります。そして、ボート、ミサイル、航空機の破壊を可能とする威力があるため、強力な防御兵器になるポテンシャルも秘めています。

レーザー兵器にはさらなる利点があり、ミサイルでは1発あたり100万ドル(約1億1000万円)以上、レールガンでさえ高価な砲弾を発射する必要があるものの、レーザー砲では弾は必要なく、1発あたりのコストもわずか数ドル(数百円)程度とのこと。

By Office of Naval Research

「多くの無人航空兵器や対艦ミサイル、建物などを建てる能力を持つ中国のような国を相手に戦闘をおこなった場合、攻撃に高いコストを支払ってしまい、海軍は防衛に手が回らなくなる可能性がある」と議会調査局のRonald O'Rourke氏が11月の報告書で指摘しており、2016年には当時のアメリカ海軍作戦次長であるWilliam Moran氏が「低コストの指向性エネルギー兵器は未来の重要なパーツの1つです。もし我々が、発射体に依存しなければならないのであれば、防衛能力を枯渇させてしまうことでしょう」とも話しています。

By Keith Roper

アメリカ海軍は2014年に輸送揚陸艦ポンスに「レーザー兵器システム(LaWS)」を搭載し、運用試験を行いました。試験では、30kWのレーザー砲をドローンやボートに対して、短距離の射撃訓練を実施しました。MITの研究員によると、「当時のテストは印象に残るほどのものではない」と語っていますが、このときのテストは海軍が望む「指向性エネルギー兵器」の方向性を示すのに一役買うこととなり、「このテストで得たノウハウはレーザーをベースとする兵器システムの開発と信頼性を大きく上げる事になるだろう」アメリカ海軍研究試験所のウェブサイトで説明しています。

アメリカ海軍はロッキード・マーティンのレーザー兵器がとても有効な武器になると予測しており、契約時点では、すでに8億ドル(約860億円)相当の契約オプションが盛り込まれているとのこと。この金額は艦隊駆逐艦の10%以上に搭載し、追加でさらに10基購入する額に相当するそうです。

・関連記事
米海軍が1発100円のレーザー砲発射実験を公開、強力な破壊力もプレステ感覚で操作可能 - GIGAZINE

「中国が軍艦にレールガンを搭載して開発を進めているのでは?」と話題に - GIGAZINE

中国の科学者チームは宇宙に漂う「宇宙ゴミ」を巨大なレーザー砲で破壊する可能性を模索 - GIGAZINE

音速の7倍で200km先に砲弾を撃ち込めるレールガンをアメリカ海軍が一般公開 - GIGAZINE

中国の新しい潜水艦エンジンが水中での戦いに革命を起こす - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   乗り物, Posted by log1j_ty