未知の言語「Jedek(ジェデク)」がマレーシアで見つかる

by Clay Banks

マレー半島のある村で生活する約280人の現住民が、これまで未確認の「Jedek(ジェデク)」と呼ばれる言語を使っていることが明らかになりました。

Unknown language discovered in Southeast Asia | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2018-02/lu-lul020618.php

Unknown Language Discovered in Malaysia | Smart News | Smithsonian
https://www.smithsonianmag.com/smart-news/unknown-language-discovered-malaysia-180968099/

アメリカ言語学会によれば、世界には約7000種類近くの異なる言語が存在します。しかし、この7000種類の言語に含まれない新しい言語「ジェデク」が、マレー半島の北部にある村で見つかりました。ジェデク語はスウェーデン・ルンド大学の研究者が進めていた「Tongues of the Semang(セマン族の言葉)」と呼ばれるプロジェクトの中で見つかりました。このプロジェクトは、マレー半島の山岳地帯で暮らす狩猟採集民であるセマン族が使用するオーストロアジア語族に属する「Aslian(アスリアン)」と呼ばれる言語を文書化するためのものでした。

「Tongues of the Semang」と呼ばれるプロジェクトに参加していた研究者が、ある村で使われる「Jahai(ジャハイ)」語について研究していたところ、村で暮らす全員がジャハイ語を使っているわけではないことに気付いたそうです。研究者のひとりであるJoanne Yager氏は、「我々は村の大半がジャハイ語とは別の言語を話していることに気づきました。彼らはジャハイ語では使われない言葉・音素・文法構造を使っていたのです。使われていた言葉の中には、調査が行われていた村からは遠く離れ場所で使われているアスリアン語とのつながりが示唆されています」と語っています。


ここで発見されたのがジェデク語で、村で暮らす約280人がこの言語を使っていたそうです。なお、NPRによると、ジェデク語を使う人々はペルガウ川沿いで暮らしていた狩猟採集民の一部とのこと。

これまでも村で言語の研究を行った人類学者がいたそうですが、ジェデク語が記録されたのは今回が初めてのこと。過去にジェデク語が気付かれなかった理由は、「ジェデク語には正式な名称がないからかもしれない」ためだそうです。なお、この未知の言語に「Jedek」と名付けたのは発見した研究者たちで、頻繁に使用される用語に基づきつづられたとのこと。

ジェデク語は窃盗や売買など所有権に関する言葉は持っていないものの、共有や交換に関しては複雑な語彙を持っています。これはジェデク語が話される村では、暴力や子ども同士での争いが推奨されておらず、法律・裁判・職業といった要素が存在しないからだそうです。

by taner ardalı

なお、ジェデク語は近年発見された唯一の言語というわけではありません。2013年にはインドのアルナーチャル・プラデーシュ州で800人が使用する「Koro(コロ)」と呼ばれる言語や、英語と別の地方の方言を組み合わせた「Light Warlpiri」という言語を話していることが発見されています。

・関連記事
なぜ脳は言語を忘れてしまうのか? - GIGAZINE

人間以外の動物も「言語」を持っているのか? - GIGAZINE

世界には3つの色しか持たない文化がある、なぜ言語によって色を表す言葉の数が異なるのか? - GIGAZINE

アフリカに2000以上もの言語が存在する理由とは? - GIGAZINE

世界から失われそうな言語がわかる地図 - GIGAZINE

「サセン…アア…エット…」と書けば本当に実行できる「コミュ障プログラミング言語」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii