なめらかに動くロボットアームが幾何学模様のアートを鮮やかに描き出すタイムラプスムービー


フロリダに住む芸術家のジェイムズ・ノーラン・ガンディーさんは、自作のロボットアームを使った芸術活動を展開しています。実際にガンディーさんの作ったロボットアームが滑らかに動いて幾何学模様のアートを見事に描き出す模様は、以下のInstagramに公開されているムービーで見ることができます。

Some time lapse mechanical drawing action. . #analog #drawingmachine #mechanicaldrawing #mechanicalart #ellipse #ratio #geometricart #drawing

James Nolan Gandyさん(@gandyworks)がシェアした投稿 -


これはタイムラプスで撮影されたムービーで、実際の動きよりもずっと速いスピードで描かれています。ロボットアームの動くスピードにカメラのシャッタースピードをうまく調整して合わせることで、ロボットアームが滑らかに動いているようなタイムラプスムービーが撮影できたとのこと。本当はどれぐらいの速さで描かれるのかは、Instagramに投稿されている以下のムービーを見るとよく分かります。

Well timed ellipse action. #mechanicaldrawing #analog #drawingmachine #organicgeometry #ratio

James Nolan Gandyさん(@gandyworks)がシェアした投稿 -


ガンディーさんの作ったロボットアームの全体像は以下のような感じ。ロボットアームはコンピュータを用いるような複雑な仕組みではなく、モーターと複数のプーリーによって動きが形成されています。さらにキャンパスを固定した円盤もゆっくりと回転するため、円と曲線を基調とした不思議な幾何学アートが作られるというわけです。


アートに見られる緻密で正確な動きはやはり機械ならではのもの。ロボットアームを用いて描いたアートは以下のような曲線が折り重なった幾何学的な模様となっていて、多くの作品がガンディーさんのInstagramアカウントで公開されています。

Some new drawings to start the year. Thank you for the incredible support. You people rock. . #organicgeometry #analog #drawingmachine #mechanicaldrawing #geometricart

James Nolan Gandyさん(@gandyworks)がシェアした投稿 -


上記のロボットアームは電動のものですが、ガンディーさんは振り子の揺れをペンとキャンパスの動きに変換してアートを描くドローイングマシンも開発しています。


なお、ロボットアームが描き出したアートの一部はガンディーさんの公式サイトで30ドル(約3300円)から販売されていますが、配送はアメリカ国内のみとなっています。

Drawings For Sale — James Nolan Gandy

・関連記事
折り紙のパターンをロケットやエアバッグに応用する物理学者&折り紙アーティスト - GIGAZINE

ロボットと人間が共に音楽の高みに達するNigel StanfordのPV「AUTOMATICA 4k」 - GIGAZINE

ゴッホの絵をコンピュータに描かせるとどうなるか? - GIGAZINE

ボストン・ダイナミクスの新映像は「ドアノブをつかんでドアを開ける」4足歩行ロボット - GIGAZINE

バク宙可能な人型ロボット「Atlas」をボストン・ダイナミクスが開発中、驚異的な運動能力を身につけていることが判明 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   アート, Posted by log1i_yk