取材

4億円オーバー&0-100km/h加速で2秒を切る国産モンスターEV「アスパーク OWL(アウル)」を詳細に見てきた


公道を走れる市販車最速となる「0-100km/h(ゼロヒャク)で2秒」を目標に開発されてきた「アスパーク OWL」が、2018年2月11日にゼロヒャク1.921秒を達成しました。IAA2017(フランクフルトモーターショー2017)で出展され、大きな反響を生んだOWLのショーカーを取材しました。350万ユーロ(約4億6000万円)のぶっ飛び超高級ス-パーEVはこんなマシンです。

Home || 変わる「価値観」、変わらない「走る喜び」 ASPARK 電気自動車開発 プロジェクト
https://www.aspark.co.jp/ev/

ゼロヒャク2秒切りに成功した走行テストの様子は、以下の記事で確認できます。

モンスターEV「アスパーク OWL(アウル)」が世界初の市販車0-100km/hで2秒切りを達成、暴力的な加速を見てきた - GIGAZINE


このOWLショーカーはIAA2017(フランクフルトモーターショー2017)に出展された実車です。


カーボンボディがむき出しの走行テスト車とは違い、落ちついたシルバーカラーのOWLはなんともエレガントな雰囲気をかもし出しています。


全高990mmというとてつもなく低いマシン。しかし、よくみると中央に向かって地上高が高くなる設計で、パーキングからの脱出時に底を擦りにくいように設計されているとのこと。


LEDのヘッドライト


ブーメラン形状のヘッドライトや凹凸のあるボディ、流線形の輪郭は、見る角度によってさまざまな表情を映し出します。


OWLのエンブレム。実はアスパークのロゴですが、カーエンブレムとして驚くほどなじんでいます。


フロントタイヤは275/30R19


最低地上高は90mm


曲面で構成されるサイドからリアへの形状は、OWLにどこか女性的な印象を与えます。開発当初、「アタランテー」というギリシャ神話の女神がネーミング候補だったこともうなずけます。


放熱用のスリットが入ったリアスクリーンはカーボンむき出し。


リアタイヤは335/30R20で、フロントよりもリアの方が大径になっています。


大きなGTウィング


ウィングの付け根にもエンブレム


ボディ幅いっぱいにひろがる独特のブレーキランプが特徴的です。


EVなのでディフューザーの奥にマフラーは見えません。


OWLはバタフライドアを採用。翼を広げるとこんな感じ。


ドアは上方向へ開くので、ドアを開けた状態でも車幅はひかえめ。


ショーカーは白を基調とした本革の内装になっていました。


ショーカーは右ハンドル仕様。OWLはほぼオーダーメードによる受注生産で、左ハンドル仕様も用意される予定です。運転席にはいくつかモニターが確認できます。


OWLはミラーレス。サイドミラーの代わりにフェンダーに埋め込まれたカメラで後方を確認できます。


ダッシュボードの左右の端に埋め込まれたモニターが、サイドミラーの代わりをするというわけです。


ステアリングホイールには、さまざまなボタンを搭載しています。


ブレーキとアクセルの2ペダル。もちろんクラッチはなく、AT限定でも運転OK。


センターコンソールにも各種ボタンが並びます。


ショーカーにはワイパーは搭載されていませんでしたが、取り付けることは可能。


ただし、左右のウインドウガラスはサイドの形状が邪魔しており、開閉させるには一工夫がいりそうです。


このショーカーがフランクフルトモーターショーに出展されたのが2017年9月。OWL開発者の川中清之氏によると、ちょうどそのころゼロヒャク2秒を確実に切れる性能に到達したとのこと。そして、2018年2月11日の朝、メディアが到着する前の走行テストでは1.9秒の壁を破り、1.890秒と記録を更新していたそうです。その後、メディアを含めた走行テストで「1.921秒」という目標クリアの結果が出た直後に、アスパークの吉田眞教CEOが「1.89を聞いているから、喜びがね……(苦笑)」とコメントした裏には、そういう事情があったというわけです。


2018年2月の時点では、さらにタイムを縮めるべく制御系の最適化に注力中で、ソフト面の改良によってさらなる記録更新は可能だとのこと。1年前の走行テストから変わらないボトルネックはタイヤであり、パワーをうまく伝えられればゼロヒャク1.7秒を出す能力を秘めているそうです。なお、現状のOWLテストカーのゼロヒャクタイムは、当初からテストドライバーを務めてきたイケヤフォーミュラの眞島薫氏によるアクセルコントロールというドライバーの腕に左右されるそうですが、「制御面の最適化を進めることで、誰でもコンスタントかつ安全にゼロヒャク2秒を出せる状態までもっていきたい」と川中氏は語っていました。

ちなみに世界限定50台、350万ユーロ(約4億6000万円)という価格についての反響を聞くと、フランクフルトモーターショーで高い関心を示した人たちからは、「台数をさらに減らして価格を上げてはどうか?」という意見や、「(最後の生産となる)50台目を予約出来ないか?」という要望などがあったとのこと。1億円を超える超高級スーパーカーの世界では、交渉自体もぶっ飛んでいるようです。


【Aspark OWL スペック】
全長:4830mm
全幅:1935mm
全高:990mm
ホイールベース:2757mm
トレッド(フロント):1603mm
トレッド(リア):1552mm
最低地上高:90mm
乾燥重量:850kg
乗車定員:2名
航続距離:150km
最高速度:280km/h
モーター数:2
最高回転数:4000rpm
定格出力:65kW
最高出力:320kW
トルク:764Nm
バッテリー電圧:300V
電流:2000A
最終減速比:4.44
駆動方式:4WD
タイヤサイズ:フロント275/30R19、リア335/30R20

【PV】ASPARK owl - YouTube


・関連記事
栃木で進行中の世界最高加速のモンスターEV「アウル(Owl)」開発プロジェクトとは? - GIGAZINE

栃木で開発中の世界最高加速のモンスターEV「アウル(Owl)」の実走行試験に行ってきました - GIGAZINE

モンスターEV「アスパーク OWL(アウル)」が世界初の市販車0-100km/hで2秒切りを達成、暴力的な加速を見てきた - GIGAZINE

電動レーシングカーでギネス世界記録、わずか1.513秒で時速0kmから100kmまで加速を達成 - GIGAZINE

1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画 - GIGAZINE

テスラのModel Sより速い市販EV「FF 91」をファラデーが発表 - GIGAZINE

in 取材,   乗り物,   動画,   デザイン, Posted by logv_to