焼き肉を引き立てる「麺」を追求した牛角の「焼肉専用まぜめん」と肉との相性を確かめてみた


「焼肉に合うのは”ごはん”だけじゃないはず!」ということで、焼肉チェーン牛角で2018年2月9日(金)から2018年2月28日(水)までの期間限定メニューとして、焼肉を引き立てる「焼肉専用まぜめん」が登場しています。韓国のりと塩昆布をたっぷり使い生卵をトッピングしたまぜめんは、まぜめん単体でも食べられる仕上がりですが、その上に焼き肉をのせても肉との相性がピッタリとのこと。「焼肉専用まぜめん」の正体と、焼き肉との相性が気になったので、牛角でカルビやタン塩、ホルモンなどの肉の部位とまぜめんを組み合わせて一緒に食べて確かめてみました。

黒毛和牛半額 | 焼肉なら「牛角」
http://www.gyukaku.ne.jp/wagyu/index.html

牛角に到着。


編集部員4人で来店し、店員さんに席に案内してもらいました。今回来店した店舗で「焼肉専用まぜめん」を注文しようとしたところ、メニューに記載がなかったのですが、店員さんに確認すると注文可能でした。メニューに「まぜめん」が見当たらない場合もあるようなので、その場合はお店の人に聞いてみるのがベターです。


「焼肉専用まぜめん」並盛り(税込み529円)を注文しすると、約4分ほどで到着。


まぜめんが入ったおわんの大きさはiPhone 7の長辺と比べるとこんな感じ。


「焼肉専用まぜめん」の麺の上には韓国海苔と塩昆布を混ぜたもの、薄切りにされたネギ、そして中央に生卵の黄身がトッピングされています。


まずはまぜめん単体をしっかりと混ぜてから食べてみます。麺は中華麺で、「焼き肉と合わせる」ということで薄めの味付けを想像していましたが、韓国海苔と塩昆布でしっかりと塩味が付けられています。焼き肉におけるご飯の役割というより「たれ」的な役割を果たすのでは?という感じ。また、同行した別の編集部員は「のりの塩気がきいて単体でもビールに合いそう」ともコメントしていました。


「焼肉専用まぜめん」と牛角の肉の相性を確かめるために最初に脂がのっている人気部位がそろった「人気5種類盛り」(税込み2138円)と一緒に食べてみます。お皿には、牛角カルビとロース、豚のピートロ、チキンバジル、そして王様ハラミが収まっています。


そして牛タン塩(税込み853円)を追加で注文。


それぞれの肉の部位の調理をスタート。


出てきたお肉は最初から味付けがされているので、タレなどをつけない状態で麺に投入。まずは牛角カルビを麺と一緒に食べてみると、もともと塩味のついたカルビと塩気のある「まぜめん」が一体化しますが、どちらも似た味付けなので「まぜめんならではの新しい味」が生まれるとまではいきませんでした。とはいえ、塩ラーメン的な味付けが好きな人なら間違いのない相性。


豚の部位であるピートロも塩味がついており、サクサクとした食感。これもまぜめんと同系統の味なので、相性はよいと感じました。


1枚が大きくコリコリとしている牛タン塩との相性は、中華麺をすするのにすこし食べづらく感じました。別の編集部員によると「塩タンの食感も風味も麺の食感と濃い塩気の前に消えていった……」とのこと。


チキンバジルは、まぜめんとお互いを邪魔しない程度に相性が良く、同行した他の編集部員は「鳥肉の味が強くてまぜめんの味に負けておらず、鶏肉はラーメンのスープにもよく使われることもあり、相性が良いのも納得」という感想を持ちました。


最後は内臓系の部位が集まった一皿「肉&ホルモン盛り」(税込み1382円)との相性を確かめてみます。お皿にのっている肉の部位は、ピートロとハラミ、牛レバー、牛ホルモン、そしてやみつきブタホルモンです。


「肉&ホルモン盛り」の肉を網の上に追加して調理スタート。


内臓系の部位はレバーから食べて見ると、レバーの甘いタレと柔らかい食感が塩味あるまぜめんの食感にマッチします。少しレバーが苦手な編集部員は「レバーのぼそっとした食感と独特の風味がかなりマイルドになっている気がして、ご飯との組み合わせよりも好き」と、こちらも好評価。


やみつきブタホルモンを食べてみると、かむたびに滴る豚ホルモンの脂のうまみが中華麺に絡まり相乗効果を感じました。「汁気のない麺に、ホルモンのコリコリしたした食感がグッド!」「ホルモンはそんなに好きじゃないけど、まぜめんで緩和でき。かむとジューシーな脂が広がり、いつもより箸が進んだ」という意見も。牛ホルモンも同じく好評価で内臓部位はどれも「焼き肉専用まぜめん」と相性が良いという感想が多く上がっていました。


「焼肉専用まぜめん」は2018年2月28日(水)まで「肉の日フェア」のメニューとして販売中。全国の牛角店舗で販売されていますが、牛角ビュッフェ店舗では販売されていない点には注意が必要。また、「肉の日フェア」期間中は、対象となっている黒毛和牛肉のメニューが半額サービスや、平日学生限定の食べ放題コースが用意されるなどのキャンペーンが実施されています。

黒毛和牛半額 | 焼肉なら「牛角」
http://www.gyukaku.ne.jp/wagyu/index.html


・関連記事
ニンニクしょう油の風味でパンチの効いた「伝説のすたみな唐揚げ」がたっぷり盛られた「すたみな唐揚げ丼」「すたみな唐揚げライス」を伝説のすた丼屋で食べてきました - GIGAZINE

1週間で3万5000個売れたという焼きたてチョコレートケーキからチョコがとろりと溶け出す「恋するフォンダンショコラ」をドミノ・ピザで注文して食べてみた - GIGAZINE

ハンバーガーなのにマルゲリータ・ピザを楽しめるモスの「マルデピザ」を食べてきた - GIGAZINE

カレーうどんの概念を完璧にひっくり返すまさかの「白いカレーうどん」を食べてきました - GIGAZINE

分厚い牛ヒレ肉&スーパーフードで肉と野菜のうまみを余すことなく味わえるロイヤルホスト「Meat & Green」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi