ハードウェア

Amazonで9割近い高評価を集める光セラピーランプの中身は単なる電球型蛍光灯と判明


Amazon.comで73%の星5つを集め、星4つ以上が89%も占めるなど高い評価を得ている「Light Therapy Energy Lamp」という商品は、太陽光を浴びない生活で崩れがちな体調を回復させてくれる光セラピー効果を持つ、という宣伝文句で販売されています。このLight Therapy Energy Lampに含まれる光は一体どのようなものなのかを、調査した人が結果を報告。「単なる電球型蛍光灯が使われているだけ」という驚きの事実が判明しています。

Measuring the Spectral Characteristics of a Light Therapy Lamp
http://justinmklam.com/posts/2018/01/sad-lamp/

カナダ人のジャスティン・ラムさんは、クリスマスをシンガポールで過ごしました。しかし、シンガポールから帰国すると、シンガポールよりも気温が25度低く冬の日照時間が極めて少ないバンクーバーの生活のせいで体調を崩したとのこと。「気候ショック」によって体調に異変をきたしたと考えたラムさんは、日照時間の少ない冬を快適に過ごすために、Amazonで人気を集めるVerilux社の「HappyLight Liberty」というLight Therapy Energy Lamp(光セラピーランプ)を購入したそうです。

ラムさんが購入したのはコンパクトタイプの光セラピーランプ。


ランプを分解して紫外線カットフィルターを取り外したラムさんは、中の電球を見て、奇妙な感じがしたとのこと。


その理由は、光セラピーランプで使われるVeriluxのフルスペクトラムバルブ(左)が、一般的な電球型蛍光灯(CFL電球)と瓜二つだったからです。なお、Veriluxの交換用フルスペクトラムバルブは14.99ドル(約1700円)で、標準的なCFL電球は1.5ドル(約170円)と10倍の価格差があります。


下のグラフは、「Daylight(日光)」「Incandescent(白熱灯)」「Fluorescent(蛍光灯)」「Halogen(ハロゲン)」「Cool Whilte LED(白色LED)」「Warm White LED(電球色LED)」という6つの光源のスペクトルを示したもの。光源のタイプによってピークの波長や形状に特徴があります。


蛍光灯は水銀蒸気を放電させて蛍光体に当てることで光を発します。


ということで、にわかに光セラピーランプのメカニズムに興味が沸いたラムさんは、Ocean Opticsの分光器を使って光セラピーランプのスペクトルを計測しました。ラムさんの知りたいことは「光セラピーランプの電球は、CFL電球なのか?」と「光セラピーランプのフィルターはUV波長の光をカットするという光学特性を持つのか?」の2点だったとのこと。

計測結果は以下の通り。オレンジ色が電球むきだし状態で、青色が紫外線カットフィルターを通した状態のもの。


これに対して、電球型蛍光灯のグラフはこんな感じ。一目見て、光セラピーランプとCFL電球のスペクトルが一致しているのがわかります。


より正確には、450nmから500nmにピークが現れていることから、色温度が6500Kの昼白色のCFL球が使われていることが推測できるとのこと。


疑問1については「単なる6500KのCFL電球が使われており、誇大広告費用のせいで価格が10倍の値付けになっている」という結論を得たラムさんは、紫外線と可視光の境界である400nm付近の波長について、フィルターあり/なしの状態で詳しくスペクトルを調べました。

結果は以下の通り。オレンジ色の「フィルターあり」と緑色の「フィルターなし」の山はほとんど同じ。単にプラスチックのフィルターをあてることで、光が減衰しているだけのように見えます。


仮説を裏付けるために、スペクトルの各波長のエネルギー密度を数値化して放射照度を計算すると、波長全般にわたってフィルターが総輝度を48%低減することがわかりました。


350nmから400nmのUV領域について見ると、フィルターありの場合でも紫外線はフィルターを通過して届いていることがわかります。とはいえ、光セラピーランプのUVカット効果はテレビやコンピューター画面を比べると「UV放射を抑えている」と評価できるものだとのこと。


ということでフィルターの効果については、「紫外線をカットするという特別な光学特性はないが、光自体を減退させることで紫外線量が気にならないレベルまで減退させることには成功している」とラムさんは結論づけています。

Amazonで「とても効果的ですばらしい!」という評価を多数得ているVeriluxの光セラピーランプですが、「CFL電球をプラスチックフィルターに通しただけ」という代物であることが判明しました。ラムさんは、「この情報をどう利用するかは自由です。(光セラピーオーナーは)悲しみを和らげるために、自分の道を照らしてね」と述べています。

なお、Amazon.comにはラムさんが使用した光セラピーランプ類似品が販売されています。以下は記事作成時点でAmazon.comで79.95ドル(約8900円)で販売されている商品。

Amazon.com: Verilux HappyLight Liberty 10,000 LUX Light Therapy Energy Lamp: Health & Personal Care


同じ商品はAmazon.co.jpでは、記事作成時点で2万5492円という驚きの値付けとなっています。

Amazon | Verilux HappyLight Liberty 10, 000 LUX Light Therapy Energy Lamp by Verilux, Inc | Verilux | ドラッグストア 通販

・関連記事
思い込みが引き起こす「プラシーボ効果」がいかに強力かよくわかるムービー - GIGAZINE

本物そっくりの偽物「MacBook充電器」の危険な内部はこうなっている - GIGAZINE

Amazonマーケットプレイスで購入した高価なレンズを受け取れずAmazon返金保証まで拒否される詐欺手口とは? - GIGAZINE

シリコンバレーにはびこる詐欺まがいのスタートアップの実態 - GIGAZINE

マクドナルドやバーガーキングで広告写真とかけ離れたハンバーガーを作り直してもらうとどうなるのか? - GIGAZINE

女子中学生チケット詐欺の複雑怪奇な手口をGithubのシーケンス図でわかりやすく説明する猛者が出現 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logv_to