乗り物

約2000万円の格安価格で販売予定の8ローター&ハイブリッドのパーソナルヘリ「SureFly」とは?


Uberをはじめとして空飛ぶパーソナルモビリティの開発競争が盛んに行われていますが、アメリカで開発されている「SureFly」は、20万ドル(約2200万円)という安価での販売が予定されている現実的なマシンです。比較的安価なSureFlyですが、エンジン&バッテリーの両方で電力を供給できるハイブリッドマシンになっています。

SureFly | Workhorse
http://workhorse.com/surefly

SureFlyはオハイオ州に拠点を置くWorkhorseが開発中の2人乗りの小型ヘリコプターです。最大速度は70mph(約112km/h)で、最高飛行高度は4000フィート(約1200メートル)。


ヘリコプターと違ってテールロータはなし。その代わりに、アームごとにデュアルローターで2枚のプロペラをそれぞれ反対方向に回転させることで、機体が回転するのを防ぎ姿勢を制御します。


SureFlyは基本的にはガソリンエンジンで発電機を動かしてローターを回転させる電力を得ます。しかし、万一のエンジントラブルに備えて7.5kWhのリチウムイオンバッテリーを各アーム内に搭載しており、緊急時にはバッテリー駆動で約5分間飛んで着陸させることが可能です。さらに、動力を完全に失った飛行不能時に備えて、機体をゆっくりと着陸させられるパラシュートも備えるとのこと。


シートは2座。将来的には自動運転での飛行を想定しているそうです。


カーボンファイバーを使った機体は軽く、重量は1100ポンド(約500キログラム)で可搬重量は400ポンド(約180キログラム)。また、アメリカの一般的な家庭なら庭に駐車できるサイズだとのこと。


アームを折りたたむことも可能です。


パリエアショー2017で初めて披露されたSureFlyのテスト機は、以下のムービーで確認できます。

(8) Paris Air Show 2017: The Surefly personal helicopter - YouTube


SureFlyは20万ドル(約2200万円)以下という価格が想定されており、近年、価格が下がっているヘリコプターの中でも破格の安さです。公式サイトでは1000ドル(約11万円)の預託金で予約受付がされています。

SureFlyの初フライトは、2018年1月12日までアメリカ・ラスベガスで開催されている国際見本市CES 2018内で行われる予定で、WorkhorseはFAAの飛行許可も取り付けていましたが、不運にも天候に恵まれずキャンセルされました。WorkhorseはBBCに対して、なるべく早く処女フライトを行いたいとコメントしています。

・関連記事
全自動飛行可能でパイロット不要の1人乗りドローン「EHANG184」 - GIGAZINE

世界初の「空飛ぶ自動車」の発売が決定、価格・スペック・本体写真&ムービーまとめ - GIGAZINE

世界初の「ハイブリッド飛行機」を可能にする飛行機用モーターの開発が進行中、2015年には新たな実機テストも実施予定 - GIGAZINE

Googleのラリー・ペイジが支援する1人乗りの超軽量飛行機「Kitty Hawk Flyer」の飛行映像が初披露 - GIGAZINE

空飛ぶバイク「Scorpion 3」の飛行テスト映像をhoversurfが公開 - GIGAZINE

航空業界を変えるかもしれない電気飛行機「Sunflyer」とは? - GIGAZINE

本当に宙を舞って飛び回れるホバーバイクを自作した猛者が登場 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logv_to