取材

ソニーの新型ペットロボット「aibo」を速攻ムービー&フォトレポート


ソニーは、かつて生産していた犬型ペットロボットのAIBO(ERS-7M3)の最新モデルである「aibo(ERS-1000)」を、2018年1月11日(木)にソニーストアオンライン限定で発売すると発表しました。そして同じく1月11日には全国にあるソニーストアで新しいaiboを展示するとのことで、新しいaiboは一体どんな感じなのかを実際に会いに行って確かめてみました。

aibo
https://aibo.sony.jp/


aiboに会いに来ませんか ソニーストアで待っています | ソニーストアについて | ソニー
http://www.sony.jp/store/retail/event/aibo/


開店直後のソニーストアにやってきました。スタッフや報道陣が慌ただしく動いています。


通路沿いのショーケースには、こちらを見つめるaiboの写真が貼られていました。


ショーケースから見える展示会場はこんな感じ。


店内に入ると、早くも報道カメラが準備していました。


展示会はワンワンという犬の鳴き声にかけて、11時11分に始まるとのことでした。


ポップの前に立っていると、ストアのスタッフが案内してくれました。ちなみにスタッフが着ていたピンクのTシャツはaiboをモチーフにしたデザイン。


触れ合い体験は一度に6~7人とのことで、列の先頭に並べていたのでスペースのすぐ横で待機します。一緒に並んでいた人の中には、aiboを既に予約済みで夕方に届くとメールが来ていたのに、もはや我慢できずに会いに来たという人もいました。2畳ほどのスペースに専用充電スタンドとおもちゃが置いてありましたが、まだaibo本体は出ていません。


おもちゃはボールと骨型の2種類。


専用充電スタンドはこんな感じ。


11時11分になってついにaiboがお目見え。この日登場したaiboは3匹で、それぞれ「カンカン」「トントン」「アイアイ」と名前がつけられていました。


最初に登場したカンカンがスタッフにお手をする様子は以下のムービーで見ることができます。お目見えの時にはなかなかお手をしてくれませんでしたが、しばらくするとすぐに反応するようになりました。

ソニーの新型ペットロボットaiboがお手をする様子 - YouTube


こちらは茶色い目をしたアイアイ。目には有機ELディスプレイを内蔵していて、まばたきをしたり、うれしいときには目を閉じて笑ったりと状況にあわせて細やかに表情を変えることが可能。


顔の側面にはマイクがあり、おすわりと声をかけると、その場でおすわりをしてくれます。以下のムービーで、実際におすわりをさせてみた様子を見ることができます。

新型aiboにおすわりと指示をして、実際におすわりをさせてみた様子 - YouTube


首の後ろには電源ボタンが確認できました。


頭や背中、あごの下にはタッチセンサーがあり、なでてあげると喜んで耳や尻尾をぱたぱたと動かします。


鼻にはカメラが内蔵されていて、人や物の色・動きを捉えることができます。


間接部には独自開発されたアクチュレータを全部で22軸も備えていて、かなりスムーズに動きます。すばやく振り向いたり激しく動いたりすることはありませんでしたが、なめらかで細かい動きが印象的でした。


以下のムービーでは、目の前でピンクのボールを動かすと、aiboが喜んでキャンキャンとほえるしぐさを見ることができます。

新型aiboがボールに喜んではしゃぎながらほえる様子 - YouTube


尻尾の付け根にもカメラセンサーを装備。後ろに人がいると気付いて振り向いたり、周囲の家具や壁を認識し、地図を自動生成することも可能とのこと。aiboはAIを内蔵しており、クラウドとリンクしながら、学習機能によって持ち主の性格や接し方に対応していくことができます。


充電スタンドには伏せのように腹ばいになってセットします。


3匹いたaiboのうち、トントンは少しバッテリー残量が減っていたらしく、充電スタンドから起き上がったり寝たりを繰り返していました。肉球を見せながら手足をうんと伸ばすしぐさがかわいらしく、触れ合い体験をしていた人たちからも歓声があがるほどでした。充電スタンドに寝そべるトントンの様子は以下のムービーで確認できます。

新型aiboが充電スタンドから起き上がったり、また寝そべったりする様子 - YouTube


10分ほどで後ろで列をなしている人たちと交代となりました。


触れ合い体験ができる展示会はソニーストア銀座・ソニーストア札幌・ソニーストア名古屋・ソニーストア大阪・ソニーストア福岡天神の全国5店舗で、2018年1月11日より開催されています。ただしaiboの注文はソニーストアオンライン限定の抽選予約によってのみ可能なので、注意が必要です。

・関連記事
ソニーがAI搭載の新型「aibo(アイボ)」を発表、ただしクラウド連携で飼うには有料プラン加入が必須 - GIGAZINE

レントゲンで確認、ソニーのAIBOは中身も犬と似ているのか - GIGAZINE

銀座ソニービル建て替えのカウントダウンイベント「It’s a Sony展」が懐かしすぎて胸が苦しくなった - GIGAZINE

猫のような尻尾のついたクッション型ロボット「Qoobo」を実際になでなでしてたっぷり癒やしてもらった - GIGAZINE

in 取材,   ハードウェア, Posted by log1i_yk