ハードウェア

Daydream対応スタンドアロンVRヘッドセット「Mirage Solo」と撮影・即アップロード可能なYouTubeのVR180対応2眼カメラ「Mirage Camera」をLenovoが発表


Googleの「Daydream」に対応する初のスタンドアロンVRヘッドセット「Mirage Solo」をLenovoが発表しました。さらにLenovはYouTubeの180度3Dムービー「VR180」に対応する2眼カメラ「Mirage Camera」も同時に発表し、2つのVR対応ハードウェアをコラボする使い方も披露しています。

Mirage Solo with Daydream & Mirage Camera with Daydream | Standalone Virtual Reality Headset & VR Camera | Lenovo US
https://www3.lenovo.com/us/en/daydreamvr/

PCやスマートフォンなしで単体で使えるDaydream対応VRヘッドセット「Mirage Solo」とYouTubeの180度ムービーフォーマット「VR180」対応のコンパクト2眼カメラ「Mirage Camera」がエレクトロニクスショーCES 2018で発表されました。


◆Mirage Solo


Mirage SoloがどのようなVRヘッドセットなのかは以下のムービーを見ればわかります。

Lenovo Mirage Solo - Benefits of Standalone VR - YouTube


Oculus RiftやHTC ViveのようなVRヘッドセットは、セットアップ作業が大変。


ケーブル接続必須のVRヘッドセットをLenovoは「tethered VR(縛られたVR)」と名付けています。


対するLenovoの「Mirage Solo」は、単体で利用可能なスタンドアロンなVRヘッドセット。


もちろんケーブルレスなので、顔に装着するだけで利用OK。


tethered VR(左)とMirage Solo(左)の利便性の比較。


白熱するVRコンテンツに、思わずプレイヤーが前進すると……


tethered VRのヘッドセットはケーブルのせいで脱げ落ちました。


ケーブルフリーのMirage Soloであれば、VRコンテンツで最高の没入感を体験できそうです。


Mirage SoloはGoogleのVRフォーマット「Daydream」に準拠するスタンドアロンVRヘッドセットで、PCやスマートフォンなしで単体での利用が可能。5.5インチ(2560×1440)液晶を搭載しており、視野角110度、フレームレートは75Hzを実現。SoCにQualcommのSnapdragon 835、4GBメモリ、64GBストレージを搭載し、microSDカードでのストレージ増強も可能。バッテリー容量は4000mAhで、重量は645g。OSはもちろんGoogleのDaydream OSを採用しています。


◆Mirage Camera


LenovoはVR180対応の2眼コンパクトカメラ「Mirage Camera」もリリースしました。Mirage Cameraの特長は以下のムービーで示されています。

Lenovo Mirage Camera with Daydream - YouTube


フロント2眼レンズが特徴的なMirage Camerea。レンズはF値2.1の魚眼レンズです。


1300万画素のデュアルセンサーを搭載しており、VR180での4K・180度ムービーなどのVRコンテンツに対応しています。


使い方はシャッターボタンを押すだけというシンプルな仕様。


3D VRの写真・ムービー・ライブストリーミングに対応しており、スマートフォンやPC不要でYouTubeへのアップロードが可能です。


三脚用のねじ穴もあり。


YouTubeやGoogleフォトを完全サポート可能。


カメラで写した映像は……


VR180対応のVRムービーとして利用可能。


通常のムービーとしてだけでなく……


VRムービーとして保存できます。


Mirage Cameraは、SoCにSnapdragon 835、2GBメモリ、16GBストレージを搭載し、microSDカードによるストレージ増強も可能。サイズは105mm×55mm×22mm、バッテリー容量は2200mAhで重量は139g(LTEモデルは145g)


無線はWi-FiのIEEE 802.11ac+Bluetooth 4.2・BLEに対応します。LTE対応モデルもあり、FDD LTE B1/2/3/4/5/7/8/20・TDD LTE B38/40をサポート。外出先で撮影したムービーを即アップロード可能です。


Mirage SoloとMirage CameraはともにVR対応ということで、コラボすることで威力を発揮します。


Mirage Cameraで撮影したムービーをMirage Soloで再生することはもちろん、VR180のストリーミング機能を使えば、「パーティーに遠隔地から参加」といった仮想ライブ体験も可能です。


Mirage Soloは400ドル(約4万5000円)以下で、Mirage Cameraは300ドル(約3万4000円)以下で、いずれも2018年第2四半期(4月から6月)に発売される予定。日本での発売については記事作成時点では未定です。

・関連記事
Googleが通常のカメラで撮影した動画を「180度動画」に変換する新VRフォーマット「VR180」を発表 - GIGAZINE

高性能・高品質のVRをスマホで快適に体験できるGoogleの「Daydream View」実機レビュー - GIGAZINE

Googleがウェブページをクリックするだけでスマホ用の簡易VRヘッドセットでお手軽にVR体験ができる「WebVR」コンテンツを公開 - GIGAZINE

VRコンテンツ開発に役立つデザイン・コードセットをまとめたGoogleの「Daydream Elements」がすごい - GIGAZINE

頭部のフィット感抜群なDELLのVRヘッドセット「Dell Visor」とDELL製ゲーミングノートPCでVRを体験してみた - GIGAZINE

野球観戦の世界を一変するMLB公式のDaydream対応VRアプリ「MLB At Bat VR」 - GIGAZINE

スマホでのVR体験を極上にするGoogleの「Daydream」とは?そしてVR対応スマホも - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logv_to