サンゴ礁の白化現象が世界中の海でまん延、「もう元には戻せない」という専門家も


世界中の100か所以上のサンゴ礁の変化を調査した研究結果から、世界中の海にあるサンゴ礁で白化現象が発生するペースが過去よりも速くなっており、自然による回復が追いつかずに今後消滅に向かう危険性が指摘されています。この変化は海水温の上昇が主な要因となっており、地球全体の気温が上昇する気候変動の余波を受けているものと考えられています。

Window to Save World's Coral Reefs Closing Rapidly
https://news.nationalgeographic.com/2018/01/coral-bleaching-reefs-climate-change-el-nino-environment/

Coral reef bleaching 'the new normal' and a fatal threat to ecosystems | Environment | The Guardian
https://www.theguardian.com/environment/2018/jan/04/coral-reef-bleaching-the-new-normal-and-a-fatal-threat-to-ecosystems

サンゴ礁の白化現象は、海水の温度が高すぎる・低すぎることや、淡水の流入による海中塩分濃度の減少などで生き物であるサンゴ(造礁サンゴ)がストレスを受け、その体内に住まわせている「共生藻」を失ってしまうことで起こります。共生藻を失ったサンゴはしばらく生き続けることができますが、共生藻が光合成によって産みだしていた光合成生産物を受け取ることができなくなって、やがて死んでしまいます。サンゴが死滅する前に共生藻が復元されたサンゴは比較的早く回復することができますが、広範囲にわたってサンゴが絶滅してしまったところでは、再びかつてのようなサンゴ群集に回復するには長い時間がかかると考えられています。

サンゴの白化現象は、1990年代から飛躍的にその数が増加したことが確認されています。特に1998年に起こった世界的なサンゴの白化現象では、赤道付近に位置する多くのサンゴ礁で大規模な被害を受けていました。

Q11:1998年に起こった白化現象について教えてください サンゴ礁Q&A
http://www.jcrs.jp/wp/?page_id=622#q11


この状況を詳細に調査したのが、サンゴ礁の研究を行っているオーストラリアのジェームズクック大学の「ARC Centre of Excellence For Coral Reef Studies」の科学者らによる研究チームです。研究では、世界の100か所以上のサンゴ礁について、1980年代から2016年にかけての発表された各国政府による調査報告書やさまざまな研究データ、そして各種メディアが取り上げた記事などの情報を集めて長期間にわたる変化が調査されています。

Spatial and temporal patterns of mass bleaching of corals in the Anthropocene | Science
http://science.sciencemag.org/content/359/6371/80

ジェームズクック大学のテリー・ヒューズ教授によって率いられた研究チームはこの中で、大規模な白化現象を引き起こす海洋の変化の起こる間隔が短くなっていることを解明。特に、1980年代には「25年~30年に一度」程度だったごくまれだった海水温の上昇が近年は「6年に一度」程度にまで頻発化しており、サンゴがダメージから回復するのに十分な時間が得られない状況となっていることが明らかにされています。研究チームの一員であるビクトリア大学のジュリア・バウム准教授は「私たちが数年に一度、重篤な病気に襲われ、十分な回復期間が得られないようなものです」と、生き物であるサンゴに対するダメージの深刻さを表現しています。

サンゴが生きている状態の海の様子はこんな感じ。鮮やかなサンゴ礁が広がっているほか、サンゴ礁が生き物の住み家になるため、豊かな生態系が形成されています。


一方、白化が進んでしまったサンゴ礁の同じ場所を撮影した様子がコレ。生き物の数はまばらになり、生態系が破壊されてしまうことが世界各地で確認されているとのこと。さらに、サンゴが死んでしまった海では特有の「におい」がするとも言われています。


世界のサンゴ礁の状況を示しているのが以下のマップ。赤い点が30%以上のサンゴ白化が確認されている「重篤なダメージを受けたサンゴ礁」、黄色が1%~30%程度の白化が見られる「一部ダメージを受けたサンゴ礁」、そして青色が「健康なサンゴ礁」を示しているのですが、インド洋から太平洋に分布するサンゴ礁はほとんど全てが赤色にマークされていることがわかります。地球全体では、50%のサンゴ礁が赤色にマークされています。


この結果を受けて研究チームは、早急に気候変動に対する取り組みを進めないと地球のサンゴは壊滅的なダメージを受けると警告を発しています。

・関連記事
グレート・バリア・リーフの珊瑚礁の大部分は死滅の危機にさらされている - GIGAZINE

サンゴはすべての「悪」を退ける魔除け - GIGAZINE

地震で海面から3m高くなり、サンゴ礁がむき出しになった島 - GIGAZINE

サンゴ礁の真ん中にぽっかりと開いた深さ125mの大穴「Blue Hole」 - GIGAZINE

海底に沈む「古代の森」の謎を追う研究者たちのドキュメンタリー「The Underwater Forest」が公開中 - GIGAZINE

147

in サイエンス,   生き物,   メモ, Posted by logx_tm