Appleが古いiPhoneの性能低下問題を正式に謝罪しバッテリー交換費用を60%以上値引きすると発表


意図的に古いiPhoneの性能を落としていたことが明らかになりiPhoneユーザーから集団訴訟を提起されているAppleが、ユーザーに向けて正式に謝罪し、バッテリー交換費用を60%以上値下げすることならびに、iOSアップデートによりバッテリー状態を把握できる機能の搭載を約束しました。

A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance - Apple
https://www.apple.com/iphone-battery-and-performance/

Appleは2017年12月28日に、公式サイト上で「A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance(iPhoneバッテリーとパフォーマンスに関する顧客へのメッセージ)」という題名でメッセージを公開。まず、一連のiPhoneパフォーマンス低下問題について、多くの顧客から意見をいただいたことを明かすとともに、お詫びをいたしますと述べ謝罪しました。

その上で、バッテリーの劣化によってどのような影響がもたらされるのかについて説明。予期せぬシャットダウンを回避する機能を、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEではiOSアップデートで導入していたことを顧客に向けて正式に明かしました。


発表の中でAppleとしては以下の3点について改善をすることを約束しています。

・1:iPhone 6以降のiPhone所有者でバッテリー交換が必要なユーザーに、現在79ドル(日本では税別8800円)で提供しているバッテリープログラムを29ドル(約3300円)で提供すること。この変更は2018年1月後半から12月まで行う。

・2:2018年始めにiOSソフトウェアアップデートをリリースし、その中でiPhoneユーザーがバッテリー状態をより詳しく把握できる新機能を提供する。

・3:パフォーマンス管理の改善、バッテリー劣化に伴う予期せぬシャットダウンの回避などのユーザー体験の向上のための施策を今後も実行する。

バッテリー交換プログラムの値下げは、日本を含めた全世界で行われる予定です。ただし、今回の表明からも、Appleはバッテリー劣化に伴う性能低下処置を止めない方針で、iPhone 8以降でもこの措置は続けられると考えられ、2019年以降のバッテリー交換費用については明らかになっていません。また、現在Appleに対して行われている集団訴訟の一つは、「バッテリーの性能劣化が原因でパフォーマンスダウンしていることを通知されていなかったことによって、新しいiPhoneの購入を余儀なくされたという経済的な損害」を主張しているため、今回の発表が集団訴訟を食い止めることになるとは限りません。


◆2017/12/31 追記
Appleが日本でも「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」という文書を公開しました。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-battery-and-performance/


日本での減額されたバッテリー交換費用は税別3200円で、期間は2018年12月までに決まっています。

・関連記事
古いiPhoneの性能を意図的に落としたAppleが集団訴訟で100兆円超の支払いを求められる - GIGAZINE

古いiPhoneの性能を意図的に落としたと認めたAppleが早くも集団訴訟に直面 - GIGAZINE

「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める - GIGAZINE

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE

iPhoneの反応速度が激遅になる現象は古くなったバッテリーを交換すると治る可能性アリ - GIGAZINE

3503

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logv_to