ハードウェア

AMD製GPU内蔵のIntel・CPU「Core i7-8709G」のスペック情報が流出


2017年11月にAMD製のRadeon GPUを内蔵するIntel製CPU「第8世代Core Hプロセッサ」(コードネーム:Kaby Lake-G)が発表され、IntelとAMDとのライバル同士のタッグの実現が世間を驚かせました。その「AMD入ってる」Intel CPU「Core i7-8709G」のスペック情報がYouTubeで公開されています。

Intelov Core i7-8709G s Vega M grafikom - Procesori @ bug.hr
https://www.bug.hr/procesori/intelov-core-i7-8709g-s-vega-m-grafikom-2035

「Core i7-8709G」搭載マシンというリークムービーは以下の通り。ベンチマークソフトFuturemarkの表記から、スペック情報が明らかになっています。

i7-8709G + Vega M Graphics - YouTube


ムービー内のデスクトップ画面からは、Core i7-8709Gは4コア/8スレッド、ベースクロック3.1GHz/ブーストクロック3.9GHzのCPUで、GPUにはAMDのRadeon RX Vega Mを搭載するとのこと。Radeon RX Vega M(694C:00)は、800MhzのHBM2メモリが4GB、コアクロックが1190MHzであることが確認できます。

Bits And Chips - Engによって公開されたVega内蔵Intel CPUの画像。はんだ付けされたBGAタイプの第8世代Core Hプロセッサは、2017年11月に発表された形状と同じく長方形デザインです。


なお、AMD Vega内蔵Intel CPUには、デスクトップ向けに6コア/12スレッドモデルが存在するのでは?という予想もあります。

Prozessorgerüchte: Kaby Lake-G auch mit 6C/12T und Vega-Grafik geplant - ComputerBase
https://www.computerbase.de/2017-12/kaby-lake-g-6c-12t-vega/

いわゆる「Kaby Lake-G」は4コア/8スレッドのモバイル向けCPUをベースにしていますが、第8世代Intel Coreプロセッサーには6コア/12スレッドの「Coffee Lake」ベースのモデルもあるため、Coffee LakeプロセッサにVega GPUを搭載した、「Coffee Lake-G」とでも言うべきモデルが出るのではないかという予想です。なお、Vega内蔵Intel CPUにはTDPが100Wの高性能モデルもあると噂されており、6コア/12スレッドモデルの他にも4.1GHzのターボブーストが可能な高クロックモデルではないかなど、さまざまな予想が出されていますが、いずれも真偽は不明です。

Vega GPU内蔵のIntel CPUは、2018年1月にアメリカ・ラスベガスで開催されるエレクトロニクスショーCES 2018で詳細な発表が行われ、製品のリリース時期は2018年Q1(1月から3月)と見られています。

この記事のタイトルとURLをコピーする


・関連記事
IntelがAMD製カスタムGPU搭載の第8世代「Core H」プロセッサを発表 - GIGAZINE

AMDの前・Radeon部門責任者がIntelへ移籍、Intelは高性能GPU開発に本気なのか? - GIGAZINE

Intelが「第8世代Coreプロセッサー」を発表、同一世代で3バージョンあり混乱は必至 - GIGAZINE

ライバル関係にあるIntelとAMDが結ぶライセンス契約の理由と意味とは? - GIGAZINE

Intel Core i7の2倍以上の性能を持つVega GPU内蔵ノートPC向けCPU「Ryzen Mobile」をAMDがリリース - GIGAZINE

直近10年で初めてAMDがCPU販売シェアでIntelを抜く - GIGAZINE

NVIDIAの新GPU技術「MAX-Q」がGTX 1080を一体どうやって激薄ノートPCで動かせるのか?NVIDIAに聞いてみました - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.