モバイル

「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める


「AppleがiOS更新によってiPhoneの性能を落としている」というベンチマークソフトGeekbenchの公表を受けて、Appleが正式にiPhoneのピーク性能を意図的に落としていることを認めました。これは「最高のユーザー体験を提供するため」だとAppleは述べています。

Is your old iPhone ridiculously slow? It could be all Apple's fault
http://mashable.com/2017/12/20/apple-iphone-throttling/

Apple addresses why people are saying their iPhones with older batteries are running ‘slower’ | TechCrunch
https://techcrunch.com/2017/12/20/apple-addresses-why-people-are-saying-their-iphones-with-older-batteries-are-running-slower/

iPhones start slowing down after a year of use, and that’s way too soon - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/12/20/16803190/iphone-slowdown-is-needed-but-also-a-problem

Geekbenchがベンチマーク結果からiOSのバージョンアップによってiPhoneの性能が落ちていると報告した内容は、以下の記事で確認できます。

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE


AppleはMashableやTechCrunchなどのIT系メディアに対して、iPhone性能低下問題について以下の通りメールで回答しました。

Our goal is to deliver the best experience for customers, which includes overall performance and prolonging the life of their devices. Lithium-ion batteries become less capable of supplying peak current demands when in cold conditions, have a low battery charge or as they age over time, which can result in the device unexpectedly shutting down to protect its electronic components.

(私たちの目標は顧客に最高の体験を提供することです。これには全体的な性能向上や端末の寿命を延ばすことも含まれます。リチウムイオンバッテリーは、寒い状況下でピーク電流を流せなくなったり、繰り返し使うことで最大容量まで充電できなくなったりします。このせいで、電子部品を保護するために予期しないシャットダウンがもたらされ得るのです)

Last year we released a feature for iPhone 6, iPhone 6s and iPhone SE to smooth out the instantaneous peaks only when needed to prevent the device from unexpectedly shutting down during these conditions. We’ve now extended that feature to iPhone 7 with iOS 11.2, and plan to add support for other products in the future.

(昨年、前述の状態になったiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEで、瞬間的な電力消費を緩和して端末が予期せぬシャットダウンを起こすのを予防する機能をリリースしました。私たちは今、この予防機能の対象をiOS 11.2でiPhone 7まで広げました。そして、今後も他の端末を対象に加える予定です)

上記のとおり、Appleはバッテリーの劣化したiPhoneが予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したりバッテリー寿命を延ばしたりする目的で、iOS更新のタイミングで意図的にiPhoneのピーク性能を落としていることが確認されました。iPhone 7におけるピーク性能制限機能導入のタイミングから見て、早ければ約1年後にはピーク性能を制限される端末が出始めるようです。

Appleが目標とする「最高の体験」の提供にとって、予期せぬシャットダウンを回避することが重要であることは間違いありません。また、AppleがiPhoneで制限するのはピーク性能であり、モバイル端末がCPUの性能をフル活用する場面はベンチマークソフトの計測を除けば、新規アプリの導入時などの限定的な場面に限られるため、ピーク性能を制限されたとしてもユーザーが「遅さ」を感じることは少なく、実用上の問題はないとも考えられます。むしろ、予期せぬシャットダウンの回数が減り、バッテリー駆動時間が延びるという恩恵の方がメリットは大きいとも言えそうです。


しかし、Appleが今回の騒動が発生するまで古いiPhoneの性能を制限している事実を明らかにしてこなかった点には問題があります。常に最大のパフォーマンスを求めるユーザーが一定数いることは間違いなく、事実を明かさないことで一部のユーザーの「最高の体験」が損なわれているのは確実であり、また、iOSのバージョンを戻すことが困難である以上、事実を明かさないことでiOS更新時にピーク性能をとるのか安定性をとるのかというユーザーの選択権を奪っていたとも言えるからです。また、性能低下がバッテリーの劣化に起因することが知らされないことで、新しい端末の購入に踏み切るユーザーが多くいることを思えば、iPhoneユーザーが新しい製品を購入するのを促しているととらえられても仕方がありません。

さらに、iPhoneはバッテリーをユーザーが容易に交換できない構造になっていることも問題です。Appleはバッテリー交換プログラムを提供していますが、バッテリーを交換するにはAppleに問題のiPhoneを送る手間が必要であり、またバッテリーの交換には79ドル(日本では税別8800円)が必要です。The Vergeの指摘する通り「Appleは早ければ1年後に崩壊し始める製品を意図的に販売している」のであり、Appleはバッテリーが急激に劣化しないスマートフォンを設計すべきで、さらにユーザーに何が起こっているのかを知らせるべきだったという指摘は的を射ています。

Appleの述べる理由が正当かつ妥当と言えるかどうかは個々のユーザーが判断すべきことですが、今後登場するiPhoneにおいてもバッテリーの劣化具合に応じてピーク性能が制限されるという事実は、毎年iPhoneを買い換えるというコアなユーザーでない限り、iPhone購入時に考慮しておくべき情報であることは間違いなさそうです。


・つづき
古いiPhoneの性能を意図的に落としたと認めたAppleが早くも集団訴訟に直面 - GIGAZINE

・関連記事
Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか? - GIGAZINE

iPhone Xは1年で完全に見違える、とAppleのジョナサン・アイブがコメント - GIGAZINE

11万円超えのiPhone Xは「バリュープライス」とAppleのティム・クックCEOが発言 - GIGAZINE

古いiPhoneでiOS 11をサクサク動かすために設定すべき8つのセッティング - GIGAZINE

2018年のiPhoneは「iPhone X」と同じベゼルレスデザインで安価な端末も登場か? - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logv_to