AmazonがAppleTVとChromecastの販売を再開予定


Amazonは2015年からAppleのメディアストリーミング装置「Apple TV」と、Googleのメディアストリーミング端末「Chromecast」に対して販売禁止措置をとってきてたのですが、この措置が解かれることが明らかになりました。

Amazon will resume selling Apple TV, Google's Chromecast - Axios
https://www.axios.com/amazon-will-resume-selling-apple-tv-googles-chromecast-2517483540.html

Amazonはアメリカ時間の2017年12月14日、同社のオンライン店舗でApple TVのセットトップボックスとChromecastのドングルの販売を再開することを正式に認めました。Amazonは2015年10月に、「Apple TVとChromecastではAmazonの映像ストリーミングサービス『Primeビデオ』を簡単に利用することができない」ことを理由に販売を停止していました。

Amazonが「Apple TV」と「Chromecast」の販売を禁止に - GIGAZINE


AppleとAmazon、Googleの3社は、ともに映像ストリーミングサービスを提供し、さらにはテレビに装着してメディアを再生することができる装置を販売するという、完全にサービスが競合する状態にあるため、熾烈な競争が行われることは無理もない状況にあります。この状況は基本的に変化はしていませんが、今回Amazonが態度を軟化させた格好となるこの措置は、他社との緩やかな関係改善が背景にあるとみられています。

特にAppleとの関係には変化がみられ、2017年12月初頭にはApple TV向けにAmazon Primeビデオアプリがリリースされています。一方、Googleに対しては状況はむしろ悪化傾向にあります。2012年12月前半には、GoogleがAmazonのFire TVやEchoに対するYouTubeの提供を取りやめるという対応に出ています。その理由についてGoogleは「Amazon側がGoogle製品やサービスを不当に扱っているため」だとしています。

GoogleがAmazonのFire TVやEchoでYouTubeの提供を取りやめる強行に、2社の対立が加速 - GIGAZINE


しかしその後、GoogleとAmazonは事態解消に向けて「生産的な」話を行っているという内容も報じられています。

Google and Amazon are in “productive” talks to keep YouTube on Fire TV - The Verge
https://www.theverge.com/2017/12/14/16778082/google-amazon-productive-talks-youtube-fire-tv

今回のAmazonの対応が状況改善につながるのか、それとも再び3社を取り巻く競争は激化するのか、互いに競合するサービスを展開しているだけにまだまだ騒動は続きそうです。

・関連記事
Amazonが「Apple TV」と「Chromecast」の販売を禁止に - GIGAZINE

GoogleがAmazonのFire TVやEchoでYouTubeの提供を取りやめる強行に、2社の対立が加速 - GIGAZINE

Amazonが支配しようとしているのはオンライン通販ではなく商取引全体のインフラである - GIGAZINE

MicrosoftがXboxとPS4のオンラインクロスプラットフォームプレイを提案、ソニーの回答は? - GIGAZINE

120

in ネットサービス,   ハードウェア,   メモ, Posted by logx_tm