セクシーなVRアシスタントのせいで苦情が殺到してメーカーがキャラクターを削除&謝罪


中国最大の検索エンジンであり、日本でも日本語入力アプリのSimejiなどで知られるBaiduは、ビデオオンデマンドサービスの「iQiyi」を提供しています。このiQiyiはVRヘッドセット向けのムービー配信も行っているのですが、そのVR使用時のガイドを行ってくれる女性キャラクターに対して「セクシーすぎる」と苦情が殺到し、Baiduがキャラクターを削除して謝罪する事態になっています。

Baidu apologizes for sexy ‘girlfriend’ VR interface - The Verge
https://www.theverge.com/2017/12/13/16773514/baidu-iqiyi-vivi-vr-virtual-girlfriend-assistant-pulled

iQiyi上から消えてなくなることになったVRアシスタントキャラクターの名前は「Vivi」。2017年3月にiQiyiのVRヘッドセット「Qiyu VR」向けアシスタントとして発表されたもので、記事作成時点ではベータテストとして一部のユーザーが利用できるようになっていました。

これがVRアシスタントのVivi。デフォルメされることなく人間を模して作られており、妙にリアル。髪の毛で隠れてはいますが、胸元が大きくはだけているところが問題でした。


Viviの基本的な役割は音声インターフェースなのですが、他にも「感情認識技術により人々の気分を察する」や「ユーザーとのやりとりからオススメの映画を見つける」などの機能を有しています。しかし、The Wall Street JournalはViviの胸元にばかり気を取られているユーザーが存在することを指摘しており、South China Morning PostはViviについて「横暴な上司と秘書のロールプレイングのよう」と記しているように、Viviがセクシー過ぎる点が問題となっていました。

結局Viviを削除することにしたBaiduは、「iQiyiはメディアに提起された問題に気付いており、さらなる変更を加えるために現在オフラインとなっています。我々は懸念事項を提起したいと思っています」とThe Wall Street Journal上で声明を出しています。

他のメーカーからリリースされているVRサービスや音声認識サービスで使用できるアシスタント機能もそのほとんどが女性をベースにしたものとなっており、これは女性と従順さを結び付けるものだと海外メディアのThe Vergeは指摘しています。なお、BaiguはViviが使えるQiyu VRは「基本的に男性向けを想定している」とコメントしており、The Vergeは「ベータ版のサービスであっても、Baiduのような大企業がそのような考えを持っていることは非常に悪いものだ」としています。

・関連記事
バイドゥが自動運転カーの公道走行テストを拡大、数年後の市販化を目指す - GIGAZINE

Baidu開発の全自動運転カーが北京市内の公道走行試験に成功 - GIGAZINE

中国BaiduのSDKにバックドアが発覚、致命的な脆弱性を持つ人気アプリまとめ - GIGAZINE

中国のバイドゥがBMWと組んでGoogleの自動運転カーを追撃の構え - GIGAZINE

BaiduがAI(人工知能)と自律走行自転車を開発していることが判明、Googleへ対抗か - GIGAZINE

入力した文字列をすべて無断でサーバに送信していた「Baidu IME」削除方法 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logu_ii